a1.jpg(27725 byte)

me_.gif(2111 byte)シマミミズの「楽園」プランター

ミミズコンポストとは別に、うちではダンナさんが作った「楽園」プランターというものがあります。
他のページにたまに出てくる「楽園」がこれです。命名はダンナさんで、私が「なんでもコーナー」と呼んでいたら怒られたので「楽園」に書き直しました (-ェ-;U

ミミズコンポストについてはこちら→シマミミズを飼う

★「楽園」その1

この四角いプランター丸ごとミミズのすみかです。
これは私がガーデニングに興味をもつ前にダンナさんが作っていたもので、プランターの左から2番目の蓋してある素焼き鉢がエサ入れ口になってました。
DSCF5642_.jpg(62041 byte)

DSCF5709.jpg(39178 byte) 素焼き鉢の蓋を開けるとこんな感じで、ここに生ごみを投入します。生ゴミが投入されるとミミズが集まってきて食べてくれます。
ミミズは釣具店で釣り餌用シマミミズを購入しました。

konpost1_.jpg(74131 byte)
素焼き鉢のところはこんな風になっていて、細長い素焼きの鉢の底を切って(のこぎりで切れました)逆さまにプランターに立てあります。 生ゴミと新聞紙(モノクロ 分解するときに炭素が必要らしいので)を入れて、虫が入るのを防ぐのに適当なシートをかませて、同じような素焼きの鉢受けを蓋をとしてのせます。
ミミズはこのプランターの中を動き回り、餌が投入されたら鉢のところに食べに来、鉢の下あたりにふかふか土が出来るという仕組みです。 同時に液肥が出るのですが、それは土にしみこみます。

しかし、しばらくするとミミズはなぜかいなくなり、購入追加してはいなくなりして、やめました。 いなくなった原因はおそらく溶けて分解されたか、脱走したかです。
でも脱走するとすぐに干からびるはずだし、プランター周りで発見されたのは数匹だったので、前者でしょう。
でも、このプランターの土はさすがにふかふかでした。 ミミズが動き回るので通気性もよく柔らかかったです。 ここだけ肥料を与えてなくても全然大丈夫でした。


DSCF11471.jpg(41355 byte)

★「楽園」その2

これは「楽園」その1の続きで、現在この状態です。
最初このプランターには時間がかかる多年草を植えていたのですが、それだけでは場所がもったいないと思い、脇の空いたスペースに違う野菜を色々植えたり、不意に土の中から見つかったシマミミズもポイポイ入れたりして出来あがったなんでもスペースです。

植えるところがない苗を置いたり、もうダメになりそうな植物を様子見で植えたり、食べたフルーツの種を埋めておいたり、終わった野菜の残渣を上に置いたりします。
生き延びる植物は育ち、遺体になった植物はミミズが土に還していきます。
置き場所のない鉢を上にポンと置いたりもします。
ついこの前あんまり何でもポイポイ入れすぎてダンナさんからストップがかかりました。

場所は完全日陰です。ミミズがいるので乾燥には気を付けています。
ミミズがかなり入っててこの中の土は立派な堆肥なのでたまにここの土をすくって他のプランターに入れたりします。
ただ一番下までひっくり返して堆肥をすくうことはできません。勿体ないですけど。
たぶんオケラも1匹いるはずなんです。色々います。季節で顔が違います。



★「楽園」番外

うちはミミズコンポストとは別に堆肥づくりをしているのですが、完全に分解するまでまだ時間がかかる未熟堆肥(主に植物です)をプランターの底に入れて野菜を植えたことがあります。
そしてミミズも少し投入。
未熟堆肥が分解されるころに野菜の根が底に到達するというシステムです。
ベランダでは堆肥を置く場所と分解する時間が足りないからです。
ただし分解されてできた堆肥は酸性だしミミズは酸性土壌が嫌いらしいので、中和するために途中で有機石灰をまきました。
思ったより早く根を伸ばして体調を崩す野菜もあり一長一短です。全然大丈夫な野菜もありました。
ただ、やりすぎるとコバエがプンプン飛んでしまいます(-ェ-;U 。

もうひとつ、ミミズコンポストの予備で厚手のビニール袋の中に傷んだ土と野菜の残渣を入れて水分、ミミズ、ぬか、EMを入れて口を縛って1年ほど放置したことがあります。
これはどうなったかというと、たまに中を確認はしてましたが、最終的には残渣はきれいに分解されいい土になりました。
しかも環境がよかったのかなぜかミミズは最初より数が増えていました。いなくなると思っていたんですけど。
水分はほとんど足さなくても乾きませんでした。
空気大丈夫だったんですね。
こんな環境でも分解はされるんですね。

スポンサードリンク
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME