a1.jpg(27725 byte)

★バナナピーマンを育てる

DSCF12826.jpg(80863 byte)
バナナピーマン(ナス科 1年草?)  Banana pepper?

長さ10〜15cm、バナナの形をしたカラフルピーマン、果実の色が熟度が進むに従って黄緑→クリーム→黄色→オレンジ→赤へと変色。皮がやわらかく果肉が厚い。だそうです。

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆栽培はピーマンと同じだそうです。


栽培時期(関西)◆植えつけ→5月末 収穫→6月末〜7月より
連作◆ナス科なのでしない方がいいかも。
日当たり◆日当たりのよいところで。
暑さ寒さ◆たぶん暑いほうが好き。
乾湿◆普通に。
発芽適温◆℃
生育適温◆℃
原産◆熱帯アメリカ
丈◆徒長して?1.5mくらい。
土◆酸性土壌はダメ。
肥料◆コンスタントに肥切れしないように。
その他◆
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク
DSCF12495.jpg(56044 byte)

★入手する

6月上旬、書いてあった植え付け時期から1カ月過ぎていたためか、苗が30円で安売りされていたので買いました。
それ以外はなんともなさそうだし、収穫時期が遅れるくらいでたぶん大丈夫でしょうと思います。
もう花が咲いています。


★育てる

6月中旬、あんまり背も高くないのに一番果が付いてしまいました。
DSCF12558.jpg(46341 byte)  DSCF12531.jpg(53918 byte)
これはちょっと負担になると思うので取ってしまいました。ピーマンに比べて茎は細い様な気がします。

7月上旬、次の実が出来ました。体は細いのに次々花を咲かせています。
甘トウのような感じでしょうか?
DSCF12673.jpg(56649 byte)  DSCF12675.jpg(48633 byte)
今丈は50cmほどです。これから実の色が黄緑→クリーム→黄色→オレンジ→赤へ変化するそうです。
それって好きな色の時に収穫してもいいのかな。赤まで待つ?

DSCF12761.jpg(58644 byte)


7月下旬です。
これクリーム色でしょう。これで長さ15cmほどあります。
甘トウのように小さいのがいっぱいできるかと思ったのですが思ったより大きくなりそうです。



DSCF12817.jpg(53732 byte)

8月中旬です。徒長しているのか背ばかり高くなっていたので、もう少し日当たりのいい場所へ移動させました。
今クリーム色の実が5個ほど付いています。
何日も待っていましたがこのクリーム色から黄色に変わる気配がないので、調べてみたらどうもクリーム色で収穫しているみたいです。
細長くてクリーム色だからバナナピーマンか!?って今気づきました。
出来たのを収穫していかないから次のが出来ないかもしれないのでこれで収穫するぞと思っていたら黄色に変化し始めました。
こうなったら待つ?


★収穫する

黄色で収穫する?赤まで待つ?黄色で収穫する?赤まで待つ?黄色で収・・・
DSCF12833.jpg(148489 byte)
しゅーーーーーーかーーーーーーく!!
ピーマンというからには実が熟すまで放置すると株が弱ってしまいそうな気がして、赤にするのは終盤まで置いとくことにしました。
完熟で収穫するパプリカだったら最初から赤まで待つべきだけど、これはピーマンなので未熟で収穫します。
そんなに実はたくさん付かないような感じですけども。
14センチです。

これっ、黄色とオレンジです。これらも赤くならないうちに収穫しました。
DSCF12862.jpg(51456 byte)  DSCF12884.jpg(68632 byte)
あと実が3つほどあるだけで次の花は咲いていません。パプリカを育てた時はこの辺でいったん中休みして秋にもう少しなったんですが、バナナピーマンもそんな感じなのかな?
この実を切った時にそんなに種が入ってなかったのが気になりました。やっぱりちょっと弱いのかもと思います。

9月上旬、第二陣がいっぱい開花!9月中旬から実が出てきました。
DSCF12923.jpg(60613 byte)  DSCF12965.jpg(55729 byte)

DSCF13029.jpg(55824 byte)

途中で赤くなったのもありましたが、基本的にバナナピーマンは未熟(黄色)で収穫するものらしいことが本に書いてありました。
赤くなってもいいのはカラーピーマンという品種だそうです。

なので黄色になったくらいで適当に収穫することにしました。


DSCF13186.jpg(30288 byte)

★冬越し

11月に冬越しさせるために切る。
支柱が立っていてわかりづらいですが真ん中のVがバナピーです。

しかしこれは春になっても新芽が出てこなかったです。
そんなに真剣にではなく他の葉ものとか一緒に育てながら終わりにしないでいたのですが、やっぱり保温しないとダメですよね(汗)


  

★食べる

8月に収穫したものはおいしかったです。写真のは炒め物ですが、おだしで茹でてもいけました!

10月に収穫したものは果肉は厚いが皮はちょっと硬めかも。うちのだけ?
黄色で収穫したものはちょっと青臭く(かといってピーマンのようでもなく)、ほんの〜りオレンジ色まで待ったらどうなのかと思ったら黄色と同じくかたい! ゚∀゚;炒め物に出来ます。
うちのだけ??

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
遅い時期に定植しても出来ました。ナス科は実が付きやすいと思います。
種採るの忘れました。

スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME