a1.jpg(27725 byte)

★ワケギを育てる

DSCF2406.jpg(87202 byte)
ワケギ(ヒガンバナ科 多年草)  Allium fistulosum

玉ねぎとネギの間の種類だそうです。ネギとは違い種球を植えます。

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆ 夏には枯れるので種球を掘り上げて乾燥させて、秋にまた植える。刈り取りは11月まで。


栽培時期(関西)◆植えつけ→秋 収穫→夏と冬以外
連作◆しない方がいい
日当たり◆日が当たるほうがいいが、比較的弱光でもいい。
暑さ寒さ◆冬に温暖な地域が育てやすい
乾湿◆
発芽適温◆℃
生育適温◆℃
原産◆ギリシャ、シベリア
丈◆30cmくらいでした。
土◆多少カラカラでも耐える。
肥料◆未熟堆肥でもOK。
その他◆花は咲かなくて、種球で増える。
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク
DSCF11546.jpg(37268 byte)

★入手する

10月下旬です。植えつけの時期が終わって売れ残った種球が100円くらいで安売りされていましたが、もう育っている苗が60円で売られていたのでそれを買ってみました。
ネギ類はうちのベランダでは育ちにくい傾向にあるので、これはありがたいです。


★育てる

どちらかというと日の当りやすいところに定植して、迷いましたが葉をピンと立つ長さにカットして、寒冷紗をかぶせたらなんとか生えてきました。
DSCF1570.jpg(30175 byte)  DSCF12030.jpg(38106 byte)
右は4月です。強風で倒れています。浅すぎた?

★収穫する

春に15センチ以上になったら収穫開始、数回収穫できるそうです。
ちょこちょこ摘み取っていましたが、5月下旬になると枯れるようなのでいったん全部収穫することにしました。
DSCF12046.jpg(117438 byte)

DSCF2152.jpg(71928 byte)

4月下旬です。あれから伸びないし、なんだか枯れてきました。もう?
むしろ雑草の方が大きくなっています。
それとネギアブラムシが付いてきたし、倒れてきました。


★種球を掘り上げる

調べたこと→「4月末に葉が老化し、葉の1/3〜半分が倒伏したら5月中旬にほり上げて乾燥させる。土を落とし平箱に入れ風通しがよく雨がかからない場所で夏を越し種球とする。」
DSCF12404.jpg(70945 byte)ということはワケギは夏は苦手なんですね。

でも貧相にバタバタ倒れてるし種球なんて立派なものがうちのワケギに出来てるわけないよねと思いながら半信半疑で掘ってみたら・・

→  →  →

・・ありました。なんか嬉しいです。
うちの半日陰ベランダで球状のものが育ってると顔がほころびます。
(種球がなかった場合も掘り上げて乾燥させてみようと思っていました)
DSCF12409.jpg(178648 byte)
見てくださいっ! 明らかに最初に買った苗よりも増えてます!!
倒れていたのも植え方が浅かったわけではなく、ただ時期が来て倒れていただけかも?
こうなるっていうことは、最初に大きめの鉢に入れておく方がいいのかな。

DSCF12411.jpg(62035 byte)それから土を払って網の袋(玉ねぎが入ってるやつ)に入れて日陰に吊るしました。うちのベランダは日陰だらけですからどこでもいいです。
根は切ろうかどうか迷いました。売ってる種球は根っ子がないから切っても大丈夫っぽいですけど、半日陰育ちのうちのワケギは弱いかもしれないので長い根だけ適当に切りました。
これで吊るして秋まで乾燥させます。


あと、スーパーで買ってきて根を植えて再利用していたネギの根を掘ったら種球がついていて、実はワケギだったというハプニングがあって、これも乾燥させて秋に一緒に植えつけることにしました。
最初苗を買ってきた時に小さい種球が土中に埋まっていたのを気づかなかっただけかと思っていましたが、このスーパーで買ってきたものには絶対になかったので、数カ月でこんなラッキョみたいな球が育つことがわかりました。半日陰でも育つ!すっきり。


DSCF12634.jpg(67699 byte)

それから掘り出し忘れていた種球があったみたいで、そこから新芽が出ているのを7月の最初に発見しました。
せっかくなのでこのまま夏を越すとどうなるか見てみることにしました。


★植えつけ

DSCF12906.jpg(69201 byte)

8月下旬です。植えつけました。
くっ付いている球ははがして植えるのかどうかわからなかったので、くっついたままのと1個づつにしたものと両方にしてみました。

それから出し忘れた球は弱い葉が生えています。生きてます。


水やりをしながら観察していたのですが、下図のように春のワケギが枯れると茶色の帽子になるんです。すぐ上の写真にも映ってる長いのです。
wakegi1そのこの帽子をそのままにしておくと中から新芽が出てきそうになってて、わたしこれ掘り上げるときに切らなかったんですが、出にくくなると思うので帽子は切った方がいいと思いました。
そのままにしておいても突き破って出てくると思うんですが念のためです。
なんせ半日陰な環境なので余計に切ったり傷つけたりするとダメになってしまうんじゃないかと思って、わからなければいつも切らないんです。


9月1日、4日で発芽しました。
DSCF12918.jpg(157984 byte)
↓(左)その1日後。伸びるの速い・・。
DSCF12920.jpg(66975 byte)  DSCF12964.jpg(70701 byte)
(右)10月に40cmほどになり、ダンナさんが刈って料理に投入していました。

DSCF13081.jpg(69695 byte)

10月下旬です。
収穫した後もどんどん生えてきています。
最初に出てきた芽の数だけそれが太くなって球が出来るんですかね。違うかな。

無事一年経ちました!
あと、冬は枯れ気味で収穫できませんでした。


  

★食べる

いきなりですが、家でそば打ち初挑戦!
そば粉を買ったものの、道具もなしで適当にしたもんで、こんなに太く・・・。
水も打ち粉も足りなかったかも。
でもそばの香りが最高です!
DSCF19039.jpg
茹でるのに時間がかかりましたが、なんとかできました!
↓まず、つゆにつけて食べます!
冷えたそばは風味が出やすいとのことで・・
DSCF19054.jpg
太い!うどんか!風味なし!
(あ、ごめんなさい、うどんはおいしいです)
つゆはダシをとったので非常に美味しかったのと、わけぎとワサビの香りで癒されました!

↓次、あったかバージョン。ちょうどニシンがあったのでニシンそば。
温めたらちょっとマシでしょう。
DSCF19046.jpg
・・・ニシンとわけぎが最高!
この炭水化物なに?

わけぎの話に戻りますが、ちょっと植わってるとこのようになかなか便利。おすすめです!

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
ネギ類はうちでは育ちにくく、ネギは何の連絡もなく気が付いたらいなくなりますけどワケギは球があるので機嫌がよくわかると思いました。
わかりやすいうえに待っていれば全部発芽しました。

DSCF18187.jpg
→これ、秋に植え付けを繰り返して何回めでしょうか、大きくなる根球もあってそれから出る芽も多くなっています。

年々だんだん育って肥えている気がします!


スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME