a1.jpg(27725 byte)

★マルベリーを育てる

DSCF5835.jpg(56008 byte)
マルベリー(クワ科 落葉高木)  Mulberry

桑の実です。養蚕用として昔から栽培されている。有用な栄養素が多く含まれていて、果実はもちろん、根、葉、枝にも薬効があるそうです。果実は生食には向いていないので加熱してジャムなどにして食べます。

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆ ほとんど放置していいと思いますが、成長期は水切れに注意。冬に一度肥料を。


開花期◆4〜5月。
収穫期◆6月。
結実までの年数◆3〜4年。(うちのはすぐでした。?)
日当たり◆やや日陰でも大丈夫でした。
暑さ寒さ◆暑さ寒さに強い。
乾湿◆普通?
原産◆中国・亜熱帯地方
丈◆環境によって大きくなります。
土◆普通に作りました。
肥料◆冬と成長期にあげました。
受粉樹◆不要(基本雌雄異株らしいのですが、買った品種は1本で実りました)
その他◆
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク

★入手する

春に若い苗木を買いました。画像は撮り忘れました(#´Д`#)

2〜3本の主な枝を残して剪定しながら育てると大きくなりすぎない。
必ず芽の上を切る。
成長期は水切れに注意。落葉後は控えめに。
ということらしいです。

DSCF5753.jpg(43484 byte)

★1年目夏

6月です。いきなり実が付きました。
赤くなったところです→
黒くなったら収穫です。
まだ全然子供なのですが実がいっぱいつきました。
少しですが収穫出来ました。うれしいです。
収穫が終わると葉が散って茎の間から新芽が出てきました。


★秋

DSCF7932.jpg(34263 byte)  DSCF7928.jpg(17827 byte)
芽のようなものがつき始めました。そして葉が黄色くなって落ちてきました。
剪定はわからなかったのでしませんでした。

DSCF8627.jpg(28820 byte)

★冬

普通に越冬します。葉が全部落ちて丸坊主です。

★春

芽吹き〜!
DSCF9124.jpg(60861 byte)
剪定しなかったので去年よりやや大きくなっています。
秋に剪定すればよかったかもしれませんが、今更かわいそうなのでそのままです。
夏はどんだけ茂るんだろう。
DSCF9236.jpg(19373 byte)  DSCF9237.jpg(47306 byte)
↑これは?実ですね。もう出るんですね。3月の終わりです。

★開花

よく考えたら実の前に花が咲きますよね。というとこはこれ花ですね。
マルベリーの花ってこんな面白い形なのですね。
DSCF9549.jpg(25222 byte)  DSCF9385.jpg(40465 byte)
花が咲いたのはいいんですが、明らかに実の数が多すぎて実らないような気がするので間引くかどうか迷いました。
できるだけ自然のまま置いておきたかったのですが、実験的に2枝だけ実を明らかに数が少なくなるように間引いて印を付けておきました。
それからもっと日の当るところに置き換えました。
風で落ちる実もあります。
肥料もあげました。

★収穫する

6月です。5月下旬からだんだん枝も実もいきなり大きくなって枝が垂れてきました。
特に水やりをたっぷり目にしました。
実が緑色から赤色を経てボルドーに変わります。
DSCF10024.jpg(28788 byte)  DSCF10417.jpg(29968 byte)
DSCF10451.jpg(100894 byte)
実は去年より少し小さいと思いましたが、最終的には大きくなり去年より収穫量が数倍になりました。
それと間引いた枝の実は他の枝のと変わりはありませんでしたので必要なかったです。
DSCF10509.jpg(117552 byte)

一度に採れる量がこれくらいでした。
DSCF10458.jpg(102680 byte)
マルベリーは実がやわらかくすぐつぶれて指に紫色の汁が付き、軸がきれいに取れにくいです。
日持ちせず生食より加熱した方がいいので数回に分けて収穫しました。
冷凍しておいて後で一気にジャムにしました。

DSCF10745.jpg(75162 byte)

★剪定

剪定のことなんですが、今年はさすがにちょっと剪定しないとベランダでは無理なので調べました。

収穫後と初霜の時(12月)にカットすると新しい枝が促進できる。成長時期(春)にカットしてはいけない。
夏は基から2節のところ(深く)冬は半分くらい(浅く)2回剪定するみたいです。

7月上旬、収穫が終わったので剪定しました。
日照量が少ないベランダなので、露地と同じように深く剪定するのは不安なので、心持ち浅めにカットしました。
そしてまた元の日陰のスペースへ。


DSCF10831.jpg(24668 byte)

★夏

剪定した後です。新芽が出てきました。


DSCF11595.jpg(38427 byte)

★冬

秋に葉が少し茂って冬になると葉が枯れてきました。
冬にも剪定するとありましたがそんなに必要ないように思えたので、1月に形を整えるつもりでちょっとだけ切りました。


DSCF12439.jpg(66208 byte)

★2年目収穫

その後、春に無事に新芽が出て6月に収穫できました。
ずっと日陰に置いていて、実がなる時期に手前の日が当たるスペースに移動させました。
剪定したからか、去年よりは枝が小ぶりでした。この時の背丈は80cmくらいです。

DSCF12440.jpg(164918 byte)
半日陰でも全然大丈夫。たぶん来年も実はなるでしょう。

  

★食べる

生では食べにくいので、これだけの量でもジャムにします。
大人の味でとてもおいしいです。個人的にはコンポートの方が好きです。
DSCF11161.jpg(80999 byte)
↓マルベリーみるく
DSCF11156.jpg(80714 byte)
↓全粒粉クッキーを焼いて乗せてみました。
DSCF11189.jpg(98356 byte)

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
半日陰でも全然問題なかったです。大きくなりますが育てやすいと思います。
なにかベランダでも果樹を育てたいと思うのならマルベリーは選択肢に入れてもいいと思います。


DSCF17307.jpg追記:採り損なってへちゃっとなってしまった実→
水分が飛んでしまって美味しくなさそうにぶら下がってるんですが、これが食べてみると濃厚でおいしい!
甘くはないですが、レーズンみたいな旨味があるんです。
自動的にドライフルーツになってるこれ。栄養ありそ〜。

それまではコンポストのシマミミズにあげていましたが、こういうのあったらせっかくなので食べてみてください。


スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME