a1.jpg(27725 byte)

★マスタードシードを育てる

DSCF12543_.jpg(104589 byte)
マスタード(アブラナ科 一年草)  mustard seed

自家製マスタードを作りたくて育ててみました。マスタードはカラシナの種にお酢などを加えて作ります。家庭菜園ではカラシナの種をまいて葉を収穫するのですが、マスタードシードをまいたらどうでしょうか?

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆ 最初は乾燥気味に育てる。


栽培時期(関西)◆種まき→春か秋 収穫→種を採りたいので春〜初夏?
連作◆アブラナ科だから注意?
日当たり◆日に当てる方がいい。ちょっと日陰でもよいと書いてあるところもありました。
暑さ寒さ◆寒いほうが好き。暑さには弱い。
乾湿◆乾燥気味が好き。過湿に注意。
発芽適温◆40°F
生育適温◆15〜20℃
原産◆地中海沿岸?
丈◆50cmくらい。
土◆
肥料◆
その他◆
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク
DSCF11894.jpg(24296 byte)

★入手する

和からしじゃなくてマスタードを作りたかったので、ホームセンターで売ってるカラシナの種じゃなくてマスタードシードが欲しいなと思っていたら、大阪高島屋の富澤商店で無農薬マスタードシードを発見したので購入しました。
気にしていると案外見つかるもんですね。
1袋300円ちょっとだったと思います。ブラウンとイエロー。

DSCF11915.jpg(32529 byte)

★種をまく

半日陰じゃたいして種なんか出来ないだろうと思うのですが、ここは自分で栽培したものを使って作りたい!って思いました。直径1cmくらいだし出来る出来る(;゚;ё;゚;`)(半日陰だと花が咲きにくいんですけどアブラナ科は簡単だからいける気がする)。

3月中旬に種をまいてみました。場所も少ないのでちょっとだけになりましたが、今年は実験する気持ちでやってみます。
3月といってもまだ夜は寒いのでビニールシートに入れた方は4日で、入れない方は1週間で発芽しました。

★育てる

一週間旅行に行く時に水をあげられないので小さい鉢に植えた方はビニールをかけて行って、帰ってきたら全滅しました。もしかして湿気は嫌い??と思っていたら、グリーンマスタードの苗を売っているのを見かけて書いてあるのを見たら「乾燥気味が好き」であることが書いてありました。やっぱりか〜。
取りあえず蒔き直しました。
DSCF12084.jpg(40839 byte)  DSCF12149.jpg(73208 byte)

5月の初め、つぼみが出ました。早っ!
DSCF12190.jpg(38681 byte)  DSCF12222.jpg(69230 byte)
ちなみに葉を味見してみましたが、葉っぱの味でした(笑)。

★開花

(左)その後すぐ花が咲きました。なばな系イエローです。
(右)5月下旬、咲いた後の花の付け根が膨らんで種が出来ました。
DSCF12235.jpg(46728 byte)  DSCF12396.jpg(57463 byte)
DSCF12395.jpg(119886 byte)
思ったより大きい粒々です。やった〜!

★収穫する

後は枯れたら収穫しようと思っていたのですが、ここで問題が発生しました。
マスタードのプランターの置き場所が胸の高さぐらいで外向きに葉が伸びていて、要するに逆光で葉が見えない位置にあるのですが、気付かないうちにうどんこ病になっていたのです。6月です。

DSCF12481.jpg(46902 byte) ちょっと待って、アブラナ科でうどんこ病って何?今まででそんな野菜はうちではなかった。
でもこの白いのはうどんこ病みたいなんですが・・。違うのかな。

莢はシワシワになっていますが中の種は緑色でまだ未熟のようです。
まだだと思いますが、これ以上は無理だと思うので収穫して束ねて乾かすことにしました。
DSCF12482.jpg(143263 byte)

最初もイエローとブラウン二種類まいて、片方が早いうちにダメになって、種をまき直しても途中でまたダメになりました。最初から様子はおかしかったです。
大体うちで見るアブラナ科は全部どんな状態でも虫に食われながらもなんとなく生きてて、丈夫で育てやすいなあ〜っていう感じなんです。
同時に種を付けたラディッシュは超日陰にいるのに病気にもならずなんとなく生きています。

乾燥したので取り出してみました。
DSCF12543.jpg(140676 byte)
最初のブラックとイエローの中間のような茶色ですが、ブラックの方だと思います。途中で枯れたのはイエローだったのかも。
莢をむいてしまって種が緑色だったところは今も緑のままですが、他は全部茶色になりました。
DSCF12544.jpg(47927 byte)  DSCF12545.jpg(52858 byte)
袋に入れて莢をしごくと簡単に取れました。それで莢の方が種より軽いので種と分離してくれてわけることができました。

でもここで疑問。これって熟してる種でしょうか?

DSCF12547.jpg(32440 byte)未熟な種を料理に使っていいのかどうかわからなかったので、取りあえず発芽させてみることにしました。

→右の濃い茶色の種が買ってきた種で、左が育てた種です。 無事両方発芽しました。
・・・完熟ってことでいいの?いいことにします。
ちなみにかじってみたらマスタードの風味が少ししました!


  

★食べる

自家製マスタードに挑戦!
その前に収穫した種に微妙に混ざってるカスみたいなのはどうしたらいいの?と思いましたが、どうしようもないので軽く洗って乾かしてみました。
レシピはネットで調べました。右が2週間後の出来あがりです。
DSCF12598.jpg(75536 byte)DSCF12662.jpg(50855 byte)
採れた種は大さじ1くらいで、マスタードを作ると大さじ1.5ほどでした。

ダンナさんが作った焼き豚とベランダ野菜でマスタードソースサラダ。
DSCF12667.jpg(123378 byte)
寝かせている間はすごくツンとする匂いがしましたが、2週間経つとほどよくマイルドな辛になりめっちゃおいしかったです!
少ないけどできたっ。

追記■種の余りでもう一度マスタード作りました。
日にちが経つほどおいしくなってます。雑菌が入らないように気を付ければ何か月も持つようです。
適当に作ったけど売ってるマスタードと全然味が違うのでぜひ手作りしてみてください!

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
蒔く用の種として売ってるものと、食品の種は違う?
(蒔く種の方がよかったかも?という疑問もありました。)
色々ありましたが最終的に作ったマスタードがおいしかったので半日陰でも出来るということにします!
というか楽しかったのでまた作ろうと思います。

追記:アブラナ科の種は交雑しやすいということを忘れていました。
周りに畑がないマンションのベランダではどうなのかわかりませんが、数百メートル向こうの花粉も受粉するらしいので純粋なものは出来てないかもしれません。
でもプランターなら隔離もしやすいか。?

スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME