a1.jpg(27725 byte)

★ワイルドストロベリーを育てる

ワイルドストロベリー(バラ科 多年草)  Wild Strawberry

小さい小さいイチゴですが、びっくりするくらいおいしいです。

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆ わりとたくましい。 風通しの良いところがいいかも。 涼しいところが好き。


栽培時期(関西)◆種まき→ 収穫→夏以外?
日当たり◆イチゴはやや日陰でも大丈夫。
暑さ寒さ◆寒さは耐える。暑さは苦手だと思います。
乾湿◆風通しの良いところ。
生育適温◆15℃〜25℃
原産◆ヨーロッパ・西アジア・北アメリカ
丈◆30cmほどです。地下茎を伸ばして横に広がって増えます。
土◆肥えた土。でも普通のイチゴに比べてそれほど神経質にならなくてもいいのではないかと思います。うちのはほったらかしです。
肥料◆ワイルドなので適当。あげた方が喜ぶと思います。
その他◆ランナーで増える株ごとに2〜4年もつ。
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク
DSCF5989.jpg(35234 byte)

★入手する

安価で売っていた苗を購入しました。
春です。

★1年目の夏

やっぱり夏場は傷みやすいと思ったので、半日陰で風通しのよいところに置きました。

 
DSCF6040.jpg(14774 byte)  DSCF6041.jpg(18530 byte)
5〜6月 1年目でも2つ咲きました。
かわいいです! でもこれは実はなりませんでした。


DSCF7139_.jpg(40887 byte)1年目の夏はまだ株が小さく枯れそうでクタクタになっていましたが、涼しくなると新芽が出てきました。

←9月です。
根元に枯れた茎が横たわっています。
これは取った方がいいと思いますがそのままにしてても大丈夫でした。

★秋

DSCF8291.jpg(28545 byte)秋にも花が咲いて実がつきました。 で、よく見るといつのまにか2株に増えてるんですよね(○の所)。
ランナー出たんでしょうか?見逃してました。
DSCF7341.jpg(39926 byte)

★冬

DSCF8290.jpg(33110 byte)  DSCF8557.jpg(37986 byte)
寒くなっても実はなりました。
こうやって見るとずっと実がなってます。
葉は黄色→茶色になって枯れましたが、普通に屋外で越冬しました。

★春

秋からレンズ豆を横に植えていて、それが固定する窒素のせいでか知らない間に6株に増え、葉も大きくなりました。
ん?ランナーっていつ出てるの?
DSCF9977.jpg(91713 byte)

DSCF0172.jpg(38283 byte)  DSCF10532.jpg(33143 byte)
それでレンズ豆を取り除いたら爆発的に実がなりだしました。

★初夏

まだまだずっと実が出来てます。
DSCF10418.jpg(87973 byte)
真夏にちょっと休憩してました。

DSCF12088.jpg(36869 byte)

★株分けする

春と秋に伸ばしたランナーの先に子株を作って増えるそうです。
でも知らない間に勝手に増えるのでどれが子株かわかりません。

で、3年目くらい?の春、株が大きくなって明らかに土も盛り上がってきて下葉も汚いので、ついに株分けをしてみようと思いました。

よく見ると子株がぴょんと飛び出ているのがありまして、これを別植えしたらいいのねと思ったのですが、今回は入れ物を2つ用意したので真っ二つに分けるだけにしました。
そして根っこも長いのを切り全体的にコンパクトにしました。

半日陰ベランダでは適当に切ったりするとダメになってしまうことが多いのですが、野生イチゴなのでこれくらいザクッとやっても大丈夫ではないかと思います。
なんとなくそう思います。


★株分けその後

株分けした時は何にも考えていなかったのですが、普通のイチゴは付け根のクラウンの部分に泥がかかっちゃいけないとか神経質にやらないといけないと思うんですが、コレの場合どこがクラウンかすらわからず適当に植え替えました。ワイルドだからいいかな?
ただ、マルチをしっかりして土の保湿には気を配りました。

で、その後、特に問題はなく、普通に実がなりました。むしろ大きい実が出来たような気がします。
半日陰栽培ですが、たぶんこれからも問題なく実が付くと思います。
DSCF12436.jpg(126262 byte)

  
DSCF12088.jpg(36869 byte)

★食べる

形はいびつなものも多いですが、食べるとビックリするほど甘く本来のイチゴの味がします。
もう普通のイチゴは食べられない。

イチゴは実が付き始めたら土に水をよくやるとよいのですが、ある程度実が大きくなると土への水やりは少なめにしてその代わり茎に水をスプレーすると茎に産毛がよく生えて水分を吸収し実が甘くなるそうです。


★半日陰での育てやすさ
        ・・・
日陰に置くと実は細長く、日向に置くほど実は丸くなりました。日陰でも実はなるので簡単だと思います。
冬は防寒して日陰に置くと葉が大きく成長し、防寒しないで日なたに置くと実がいっぱい出来ました。
病気は今のところは何もないです。他のベリーに比べて病気は少ないらしいです(ワイルドだから?原種に近いからかも?)。

追記*熟してからもかなりギリギリまで待ってから食べるとかなり美味しかったです。
うちのダンナさんが言うには、「健康で肥料をあまり吸っていないうちのイチゴは抗酸化力が強いから、気温が暑くても糖度が高くても腐りにくく、食べても甘い割にはべったりしていない」と言っていました。
やっぱり無理させない自然な育て方に賛成です。

スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME