a1.jpg(27725 byte)

★芽キャベツを育てる

DSCF8786-.jpg(196017 byte)
芽キャベツ(アブラナ科 一年草)  Brussels sprouts

葉の脇芽が大きくなって茎に何十個のミニキャベツがくっ付いた状態になる面白い姿の野菜です。芽キャベツはアブラナ科の中でも葉酸を最も多く含むそうです。

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆ すごくゆっくり育つので夏に種をまかないと冬に間に合いません。 間に合わずに暖かくなると花芽が出てきて結球しないらしいです。 日光、水、肥料は多く必要だと思います。


栽培時期(関西)◆種まき→7〜8月 収穫→1〜3月
連作◆比較的可能。
日当たり◆日当たりは必要。
暑さ寒さ◆暑さに弱い、寒さには強い。
乾湿◆適度な水分が必要だと思います。
発芽適温◆15〜30℃
生育適温◆15〜22℃
原産◆西ヨーロッパ
丈◆半日陰ベランダなのであんまり背は高くなりません。丈50cmくらい? 幅は40cmくらいだったので結構株間は必要です。
土◆
肥料◆栽培期間が長いので元肥をしっかり入れておく。
その他◆
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク
DSCF6933.jpg(29885 byte)

★入手する

いくつか作りたいので種を買いました。

が、まく時期が夏なので枯れたりして苗くらいの大きさになるまではちょっと大変かも。 やや日陰で育苗しました。
いくつも作らないのなら苗を買う方が確実かもしれないです。

★種をまく

ポットに3つずつまきました。 小さい種なので土は軽くかけました。 DSCF6935.jpg(38743 byte)DSCF6954.jpg(53154 byte)
8月下旬です。3日くらいで発芽しました。 土が乾くとすぐ枯れてしまうと思うので、こまめに水分をあげました。

★育てる

DSCF7074.jpg(69902 byte)9月上旬です。

ここで種をまくのが遅いことに気付き冬までに間に合わないと思ったので、見かけた苗も購入しました。

ここから種からのと購入した苗との大きさを比較していきます。

9月中旬です。
DSCF7131.jpg(34138 byte)  DSCF7124.jpg(38394 byte)
(左)種 まだまだ小さいです。    (右)苗 この時点でこの大きさが必要かも。

DSCF7245.jpg(44667 byte)9月下旬です。

(左)種と(右)苗、苗の方は丈10cmになりました。
それと、キャベツは涼しい方が好きということで、 日向と日陰どっちがいいのか9月中旬からちょっと実験してみてまして、 上段3つが日向に置いていたもの、下段3つがやや日陰に置いていたものですが、 結果はどちらも葉の数は同じくらいで、日陰に置いていた方が少し徒長していました。

ベランダ自体半日陰ですし、10日ほどしか実験してなくて結果を出すには不十分ですが、 涼しくなってきましたし、何より日陰組がかわいそうになってきたので日向に移動させました。

10月上旬ちょっと冷え込む晩も出てきた頃、種の方は大きいので10cmくらい、苗の方は20cm弱です。

10月中旬です。
DSCF7643.jpg(112906 byte)
種は丈17cmくらい、苗は23cm(幅30cm)くらいです。 プランターに空きが出たのでやっと定植しました。 ここからまだ長丁場なので(キャベツの2倍の期間かかる)、長持ちする肥料を入れました。

DSCF7758.jpg(63916 byte)よく見てみると、ここで苗の方の葉の付け根に芽が・・!

低温に会えば結球するそうです。

この時点で下の葉がぐったりしてきました。
枯れると取ってもいいと思います。

10月下旬と11月上旬です。
DSCF7822.jpg(42378 byte)  DSCF7976.jpg(65301 byte)
夜が寒くなってきて急に葉が増えました。丈は30cmです。
やっぱり寒い方が好きなんでしょうか。

11月中旬です。
DSCF8051.jpg(45326 byte)  DSCF8052.jpg(25357 byte)
丈は40cmです。狭くなってきました。かなり葉が上に張り出しています。 芽も少し大きくなってきました。
真ん中の種から育てた株も左右と変わりないように見えますが、 芽はやっぱり小さめです。

12月です。
DSCF8403.jpg(206601 byte)
じゃ〜ん!
吐く息が白くなってきた途端に芽の成長が速くなりました。 ミニチュアキャベツかわいいです!!
日の当たる方がより大きくなっています。

葉かきについて。
枯れた葉はもちろん取りますが、「芽に光を当てて大きくするために下葉を少しかき取りましょう。」ってよく書いてあって、どのくらいの大きさで取ればいいのかとか、周りに比べて1つだけ変に小さい芽のところはどうするのかとか悩んで取ったり取らなかったりしたんですが、 結局適当でも大丈夫という結論が出ました(-ェ-;U 。

DSCF8469.jpg(54669 byte)土から根が細かく見えていたので土を足すついでにボカシ肥料もまきました。
結構冬でも土がすぐ乾燥するし、光をなるべく取り入れるためにアルミホイルを敷いてみました。
調べたところ結球してからが特に肥料が必要みたいです。


1月です。
DSCF8508.jpg(214809 byte)
直径2cmほどです。 毎日みるみる大きくなっていきます。
てっぺんも結球してるみたいに丸まってきて、丈も止まりました。
途中で土を増やしたからはっきりわからないですが、50cmくらいです。
大きくなってねという思いを込めてボカシを投入。

2月です。
DSCF8786.jpg(273974 byte)
一番寒い時期です。
芽の大きさは2.5cm、茎の大きさも2.5センチでした。
外側の浮いている葉を何枚か食べてみましたが、、、キャベツの味です。後から少し甘味がありました。
苦いかなと思いましたが全然OKでした。

★収穫する

2月中旬です。
大きくなるのがちょっと止まってきたような気がするし、市販で芽キャベツが売られているのを見たので 収穫することにしました。
アブラナ科はあんまり遅くなると苦くなるようなのでそれもあります。 DSCF8809.jpg(226090 byte)
大きいの10個取りました。 かわい〜(*´Д`*)
一番大きいので2.5cmでした。

半日陰ベランダではやっぱり少し小さいです。それに葉の数も少ないので収穫できる芽の数も少なくなります。
もうちょっと太陽が当たればな〜って思います。

あと、真上から見るとてっぺんの大きい葉の真ん中がキャベツ状に結球してまして、特に真ん中辺はやわらかそうだったのでこれもかじってみました。
これはっ、まあまあおいしいのでは!?

★病害虫

年明けぐらいからひよどりが葉を食べるようですが、寒さの為に半分囲ったような状態にしてあったので無害でした。見つからなかった可能性があります。
アブラナ科なのでコナガはどうなのかと思いましたが、いませんでした。

  

★食べる

ベランダでは場所をとるわりには小さいのしかできませんでしたが、とにかく見た目がかわいい!
味は普通にキャベツの味でした。
冬のシチューにぴったりな見た目重視のサプライズ野菜です。
あらかじめ下茹でしておくときれいな緑になりました。色がきれいです。
DSCF8944.jpg(271395 byte)
↑これはバター焼きしてみました。普通にうまいです。

DSCF9064.jpg(77605 byte)ところでせっかく無農薬栽培なので食べられるところは全部食べたいとういう思いから、先程のてっぺんのキャベツはどうなのか思いまして、緊急企画。
恐怖!てっぺんキャベツでお好み焼き!→
だって真ん中のあたりの葉がとってもやわやわでおいしそうだったのですっ!
さすがに外側の苦そうな葉は取って作ってみたら、3株分で一品のおかずになりました。

味は・・普通にうまいです!やった!

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
最後に収穫するキャベツがかわいいのに加えて、育てている間は株自体の個性的なビジュアルも楽しめます。
最初に種のパッケージの写真を見た時に半日陰ベランダで大丈夫かと思いましたが、小さいながらもちゃんと形になっているものが出来ました。
種から育てたものもちゃんと出来ました。

スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME