a1.jpg(27725 byte)

★大和真菜を育てる

大和真菜(アブラナ科 1年草)  ■

奈良県の在来種で寒締め用の甘い漬け菜。受け継がれてきた風味とまろやかさが自慢です。草丈30cmに以上になってもやわらかく、家庭菜園にぴったりです。(パッケージより)

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆特になし?


栽培時期(関西)◆種まき→3〜11月 収穫→30日後ぐらい
連作◆アブラナ科に準ずる(?)
日当たり◆日の当る場所。
暑さ寒さ◆寒いと発芽しない。
乾湿◆なんでもいい(?)
発芽適温◆20〜25℃
生育適温◆15〜25℃
原産◆奈良?
丈◆30センチほど。
土◆なんでもいい(?)
肥料◆なんでもいい(?)
その他◆
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク

★入手する

以前地元の高校生が無農薬で育てた野菜を販売するというイベントに出会った時に買った野菜の一つが大和真菜でした。

それが和え物にしたらすごくおいしかったのを覚えていて、ホームセンターで種を発見して即購入。3月中旬。
もう一度食べたいです。奈良県民ですから。


★種をまく

種まきから1週間で芽が出てきました。
ちょっと寒かったんですよね。
  
4月中旬、ちょっとおっきくなってきたのでレタスとかネギの隣にあちこち定植してみました。
根をバラバラにするならプランターに直接まけばよかったんですが、今ちょうど冬野菜の終わったのとかを整理しててややこしかったので育苗しました。

春に種を見かけたから買ったんですけど、アブラナ科の種を今から蒔くって面白いな。
四季蒔きの小松菜みたいな感じで思ってればいいのかな。真夏に蒔いてもいいのかな?

★育てる

すぐに葉が虫に食べられてボロボロに(>д<)。
気を取り直してもう一度種まきしました。5月上旬。
  
今度は空いてるプランターに直播きで。
前のはもちろんちょっとずつ食べてますよ(*'▽'*)

5月中旬と下旬。
DSCF16479  DSCF16717.jpg
やっぱり何かに食べられています。

DSCF16721.jpg

それよりも前のが放置していたにもかかわらず綺麗に大きくなっています。
虫に狙われるのは小さい時だけなんでしょうか?

↓ピーマンの隅で育ったものを、まだ育つと思いますけどスペース的に狭くなったので収穫。
ちょっと嬉しいです。

DSCF16791.jpg
20センチくらいですね。これは3月中旬からだから、2ヶ月ちょっとですね。

DSCF16849.jpg

今6月中旬、これは5月上旬に植えたものです。
やっぱり虫に食べられています。

それでまだ他に植えたい苗があってプランターを一つ空けたかったので、この大和真菜は諦めて1つずつベランダのあちこちのプランターの隅に植え替えました。


そしたらほとんどダメになったんですが、中には育ち続ける子もいて、半日陰ベランダ特有の「じゃまだから収穫祭」実施。
DSCF17217.jpg
6月の終わり。50日ぐらい?。夏だからちょっと固め。

(左)もう秋まで種まきは待とうと思っていたのですが、ダンナさんがまいていました。
7月上旬。多分夏でも育つ葉物を探しているのだと思います。
DSCF17405.jpg  DSCF17848.jpg
(右)8月中旬。真夏でも出来ますね。45日ぐらい。
虫にはかじられてなかったと思います。
1つ1つは細くて小ぶりです。なんとなくたくましさを感じます。

(左)8月下旬。夏野菜が終わって空いたプランターにまたまきました。
DSCF17924.jpg  DSCF18276.jpg
(右)収穫開始が10月上旬。
この辺になってくるともう飽きてきて、ほったらかしになってしまって、肥料とかもあげてないと思うんですが育ってます。

次が10月上旬、夏野菜が終わるとプランターが空くのでそれ待ちで苗ポットに蒔いてます。
なかなか空かない+空いても後回し+飽きた=なんかへたっている(栄養足りてない?)
ていうか、よく考えるとこれが本命なのだが。
DSCF18364.jpg  DSCF18420.jpg
(上右)・・・っていううちに水やりがおろそかになって枯れました(-_-;)

はい次!11月上旬に種まき。
だんだん難しくなってきますけど、ビニールをふわっとかぶせています。
暖かい日もあります。
DSCF18448.jpg  DSCF18683.jpg
(右)1月中旬、大きくなるのを待ってたら葉がビラビラになって固くなりました。
寒いのになぜか虫にも食べられています。
見せ場なし。

  

★食べる

ちょっとずつですが色々使いました!
最初はやっぱり味を付けずに食べたんですが、そこそこ美味しく出来てる!!
DSCF18281.jpg
↑ある日のご飯のおかず。横の手羽元と卵の煮物はダンナさんが作ってくれました。

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
正直に言うとそんなに真剣に世話しなかったせいか(;´Д`;)収穫がイマイチだった気がしますが、なんとなく生えてなんとなく育って、なんとなくたくましいイメージがあります。
商品的に柔らかいのが売りみたいですが、半日陰では少し硬めだったかも。日が足りないとこんな感じで差が出ます。
高校生が作った大和真菜には程遠いけど美味しかったです。

スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME