a1.jpg(27725 byte)

★紫とうがらしを育てる

紫とうがらし(ナス科 1〜多年草)  ■

古くから、自家菜園野菜の一つとして栽培されている。花弁・果色が紫色で他のとうがらしと容易に区別できる。紫色は熱を加えると薄黄緑色に変わる。辛味がでることはほとんどなく、赤く完熟すると甘味もある。(奈良県HPより)

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆乾燥すると辛味が出るので注意だそうです。


栽培時期(関西)◆定植→春から夏 収穫→夏から秋
連作◆
日当たり◆日当たりは必要。
暑さ寒さ◆暖かい気候が好き。
乾湿◆乾燥しない方がいいと思います。
発芽適温◆30℃
生育適温◆25℃
原産◆南米。
丈◆1メートル。
土◆
肥料◆そこそこ必要だと思います。
その他◆
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク

★入手する

パープルのミニトマト、パープルパプリカに続きまた紫の品種を買いました。
今年は育てにくいと思われる紫色の野菜をを集中的に育てています。
しかも5月下旬です。
ちょっと出遅れ気味ですが、その分しっかり蕾が付いている苗を選びました。
  DSCF16710.jpg
きれいな紫の蕾が付いています。これは美しい花が咲くんじゃないでしょうか!

紫とうがらしは野菜の直売所でたまに見かけるのですけど、奈良県の在来種だということは今回初めて知りました。(奈良県民です)
在来種の紫野菜ということは逆に強い?どうなの?

★開花

2日後に花が咲きました。
ナスよりも濃い紫色で綺麗です!
DSCF16768.jpg  DSCF16856.jpg
画像右6月上旬、花がいっぱい咲き始めました。
花が咲いてる割には茎がヒョロッとしているんですが、小さいのがいっぱいなるのかな?

それと、株が安定してないのか、アブラムシが若干付いています。
ベランダにはテントウムシもいるんですがなかなか食べてくれないので、自分でマスキングテープで取りました。

6月下旬、まだ茎が細いような気がしますが(そういう品種かも?)実がついたので収穫しました。
花はたくさん咲いてますけど、落ちてしまうものもあるので一番果かどうかはわかりません。
DSCF16999.jpg  DSCF17005.jpg
ミニトマトと一緒に!

わ〜美しいです(゚∀゚*)。
DSCF17229.jpg
今これともうひとつ実が付いてて、他は花はなくちょっと休憩に入った模様。

★収穫する

7月上旬。
あれから大きさがほぼ変わらないようですし、調べたところ果長5cmだそうで、もう収穫します。
DSCF17420.jpg
紫色を並べてみたらちょっときれいです。
よく見ると次の蕾がいっぱい出てきています。休憩は終わった模様?
もっと早くこれを収穫したらよかったかもしれません。

DSCF17477.jpg


7月中旬(右)、第二陣の花が幾つも咲いています。

7月下旬(下)、あまり落花もなくいっぱいなっています!
株が小ぶりなのであんまりできないかと思っていたので嬉しいです。
色がきれいですね〜。


DSCF17618.jpg
最初の実よりは紫色はあせていますが、いっぺんにいくつも採れました!
DSCF17687.jpg
小ぶりピーマンと一緒に。

8月前半の猛暑になり疲れるのかなと思ったのですが、案外そうでもなくぽつんぽつんと収穫できました。
ただ実が最初と同じ大きさにはならなかったので、少し小さめで収穫しました。

9月上旬、暑さが和らいだ頃に花が一気に咲きました。
今一番咲いています。
落ちる花もありますが、いっぱい実りそうです!
DSCF18020.jpg

9月中旬。いっぱい実りました!
DSCF18066.jpg
こんなに実ったのは真夏の休憩中に肥料をちょっとあげたからかなと思っています。
DSCF18078.jpg

DSCF18232.jpg10月に入ってから紫から綺麗な赤に染まる実が出ました!
これはちょっと置いておいて種を取りたいと思います。
ひもとうがらし同様固定種だと思うんで。

もうそろそろ次の花が咲かなくなったので今付いている実を収穫して終わりにします。
葉も黄色くなり始めています。

美しい晩秋の収穫。(ピーマンいろいろ)
DSCF18290.jpg
・・そろそろ冬がやってきますよ!


  

★食べる

加熱したら、灰色がかったみどりいろ〜ノ(#´Д`#)ヽ
でもこれはわかっていたからしょうがない。
シンプルに焼いておだしをかけました。
DSCF17707.jpg
・・・食べてみるとこれが意外にも美味しい。甘い!
どうせタダの甘とうでしょって5秒前まで思ってましたが、これは唐辛子の匂いがしなくてなんだかうまみがあって美味しいです。
おだしに合う!
こんな唐辛子があるんですね。
大和野菜でなかったら育てて食べることはなかったかも。
ありがとう奈良県!

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
半日陰では背が小さく、茎も細く、実も小さいですが、と〜っても美味しいので機会があれば是非育ててみてほしいです。
おすすめです。

スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME