a1.jpg(27725 byte)

★シソを育てる

DSCF5791.jpg(64583 byte)
シソ(シソ科 一年草)  beefsteak plant , perilla

紫蘇。大葉。夏に育てる葉っぱだから体の熱を取ると思っていましたが、意外にも冷えた胃、夏バテ、食中毒など夏のトラブルに効果を発揮するらしいので、夏の冷たいおかずのトッピングに多用しています。冷え症女子必育(?)

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆ 簡単に育って簡単に増え、 暖かくなってくるとどこかのプランターから発芽します。そしてその場所が狭くても真っ先に大きくなるので、たくましいイメージがあります。
エアコンの室外機の前に置いていても大丈夫でした。


栽培時期(関西)◆種まき→初夏 収穫→夏から秋まで
連作◆大丈夫かも。
日当たり◆やわらかい葉を収穫したいなら日陰で。
暑さ寒さ◆高温が好き。
乾湿◆水はたっぷり
発芽適温◆25〜30℃
生育適温◆25℃
原産◆中央アジア
丈◆育て方によりますが、半日陰ベランダでは数十cm。
土◆たぶん何でもいいです。酸性土壌でも育ちました。
肥料◆少なくても育つ。
その他◆肥料が少なくてもやや酸性土でも育つ日本の風土に適したシソの様な野菜は自然に生えてくることが多く、逆に多肥で石灰が必要な西洋野菜なんかはダメだそうです。
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク
DSCF9851.jpg(23763 byte)

★入手する

真ん中の小さい丸いのが種です。
一度育てれば翌年からこぼれ種で簡単に増えます。
もらいものがあればそれで充分です。

黒くて丸いのが種で茶色いのが殻です。
種からすでにいい香りがします。


DSCF9482.jpg(87432 byte)

★種をまく

暖かくなってからまきます。
いつもプランターの空いてる隅などに植えています。果菜のそばとか。

殻ごと蒔いてもいいですが、軽くもんで種を出してから殻ごと蒔いてます。
好光性種子なのでまいたら覆土は薄くしてます。


★育てる

まいただけどんどん芽が出てくるので、狭かったら適当に間引きしながら育てます。
日当たりのいい場所の方がよく育ちますが、そうするとがっしりした葉になります。
スーパーで売っている様なやわらかい葉にしたければ少し日陰で育てるといいと思います。
水やりはたっぷり。
摘芯するとわき芽が出てきてもっさりした形になります。お好みで。
DSCF5676_.jpg(37799 byte)  DSCF10428.jpg(35834 byte)

DSCF5679.jpg(54158 byte)

★収穫する

春から秋まで。すごくいい香りです!
●葉ジソ・・育ったら随時。
DSCF6819.jpg(30616 byte)  DSCF7095.jpg(40780 byte)
必要なだけ収穫したらいいですが、余った場合はコップに少し水を入れて茎を付けておくと日持ちします。

●穂ジソ(花ジソ)・・9月末につぼみが出てきて花が咲きました。
左がつぼみで、右が花です。
花はよくお刺身の上にのってたりするものです。花びらをつまんで食べられます。
DSCF7339.jpg(24993 byte)  DSCF7469.jpg(26286 byte)

●実ジソ・・花がしぼんだ後に実ができました。
↓このようにガクの先がキュッって張り出した時くらいで、中に実が出来ていました。
DSCF7720.jpg(30832 byte)  DSCF7726.jpg(37980 byte)
DSCF7588.jpg(44636 byte)茎からガクごと取って、酒、みりん、醤油で軽く煮ました。
実がプチプチしておいしかったです。
ご飯といっしょに。

  

★食べる

よく使うならスーパーで買うより育てる方が絶対安いです。
飲食店をしている人もシソは自分で育てる方が絶対経費削減できます。
無農薬でも手間かかりませんでした。
DSCF0680.jpg(120395 byte)
↑鱧のしそフリッターです(*゚∀゚*)

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
半日陰がやわらかいのが出来るからちょうどいいです。
虫もつかなかったです。
そんなに使うものでもないしちょっとあれば食事が楽しいので、1ベランダに1本。かなりオススメです。

スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、微生物などを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME