a1.jpg(27725 byte)

★スナップエンドウを育てる

DSCF12129_.jpg(121736 byte)
エンドウマメ(マメ科 一年草)  Green pea

スナップエンドウはサヤも実も食べられます。

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆ 適切な大きさで越冬するために種まきの時期をしっかり把握すること。


栽培時期(関西)◆種まき→秋(寒冷地は春) 収穫→4〜5月
連作◆障害かなりあり。7年ほど。
日当たり◆かなり必要だと思う。
暑さ寒さ◆耐寒性あり。耐暑性はない。
乾湿◆普通。
発芽適温◆18〜20℃
生育適温◆12~20℃
原産◆アメリカ。
丈◆1mくらいになりました。うどんこ病など病気に弱いので風通しを良くするためベランダでも出来るだけ株間は広い方がいいと思います。
土◆酸性土壌はダメ。水はけの良い土。
肥料◆マメ科は窒素を固定するので控えめでいい。
その他◆
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク

★チラウム処理

DSCF8211.jpg(37431 byte)種を購入しようと思いましたが、パッケージ裏に「チウラム種子粉衣1回」と書いてあります。
チウラムとは、調べたところ、鳥に種を食べられないようにするためと、殺菌効果のある農薬だそうです。
他のメーカーさんのスナップエンドウも同じでした。

無農薬で育てたい私にとってはちょっと抵抗があります。

そこで種にチウラム処理されてないとダメなのかメーカーさんに問い合わせてみたところ、
「種の消毒や薬品処理は関連法規で決められている」ということと、
「エンドウの場合輸入している種が多く、通関時点で薬品処理が義務付けられている場合がある」とのことです。

そして「種子に付着した菌類などがなければ薬品処理の必要は少なくなりますのでチウラム処理の必要はありません。またこのようなクリーンな種子の場合は無処理でも育成にも影響は無いと思います。」ということでした。
薬品処理されていない種を売っているところは探せばあるかもしれませんが、初めはとりあえずこれを購入して出来た種を来年まくことにしました。

DSCF7474.jpg(36810 byte) この赤いコーティングがチウラムという農薬らしいです。

発芽までは十分種が吸水した方がいいと書いてあったので1晩水につけました。

そしたら・・

DSCF7485.jpg(38127 byte)取れた( ̄□ ̄;)!!
せっかく取れたのでこのまま植えてみました。

DSCF8048_.jpg(70871 byte)

★去年

去年エンドウを育てて冬の間に苗が大きくなりすぎて全滅してしまいました。
パッケージに書いてある一番早い時期と一番遅い時期(10月)に種を蒔いて失敗しました。
私の父が同じ大きさの苗を庭で育ててさせていたので、やっぱり日光不足のうちのベランダとでは同じ条件ではダメだということを知りました。

去年の大きすぎるエンドウの様子は、
12〜1月にもう花が咲く。
1月に実が付く。
2月にうどんこ病にかかる。
3月に寒さがぶり返して半壊、雪が降った時に全滅。
という感じでした。3月が正念場でしょうか?

ここであきらめるのも悔しいのでタキイ種苗さんに問い合わせたところ、「エンドウは寒さに当たって花芽を付ける野菜。12〜2月で丈5〜7cmで冬越しさせる。パッケージに書いてある時期は露地栽培用、ベランダは露地より暖かいので11月後半に(もしくは12月にも?)蒔いてみては?」というアドバイスをいただきました。


★種をまく

2度目の挑戦です。秋まきしました。
12〜2月で丈5〜7cmの大きさで冬越しする苗を探るために1週間ずつずらして種を蒔くことにました。
去年10月中に発芽したもの(左)はしっかりしていましたが、今年11月に発芽したの(右)は細くひょろひょろでした。寒いからでしょうか。
DSCF7590.jpg(50506 byte)  DSCF11626.jpg(47208 byte)
寒いので室内で水につけて芽出しをして芽が出たものから育苗ポットに植えました。
5〜8日で発芽するものもあればもっとかかるものもありました。

 
1
2
3
4
5

種まき日
10/25
11/1
11/8
11/15
11/22

種まき日の気温
20/8℃
18/9℃
19/8℃
14/6℃
14/6℃

発芽日
11/2
11/8
11/19
11/30
忘れました

発芽までの日数
8日
7日
11日
15日
 

4と5は水につけての管理がめんどくさくなったのでポットに植えて室内で発芽させ、芽が出たらベランダのビニールシートに入れました。だから発芽が少し早かったです。

DSCF11592.jpg(33318 byte)
←少しずつゆっくり大きくなっていきます。
1は早いうちに大きくなってしまったので豆苗として食べました。

6もすればよかったなと思いましたが、5がかなり不安定だったのと忙しかったのもあって5までになりました。


★冬越し

12月末に定植しました。
結局2も大きくなってしまい去年の経験からするとダメかなと思います。
植えたのは2,3,4,5でそれでも10cmはあります。(5は小さいものもあります)
DSCF11771.jpg(44029 byte)  DSCF11773.jpg(34933 byte)
定植といっても植えるところがないので根菜の空いているところに同居。根菜が育って収穫してしまったらエンドウが残るという計画です。
石灰とぬかをあげて、肥料は根菜側にあげました。

DSCF1848.jpg(35345 byte)2月です。
どうなったかと思って根菜の間をのぞいてみたら、ちゃんといました。
15cmにはなっているかなぁ。
野菜の声が聞こえたらいいのに。


★開花

DSCF11921.jpg(77413 byte)
DSCF11920.jpg(35130 byte)3月下旬、一緒に植えていた小カブも収穫し終わった頃に最初の花が咲きました。伸びているもので今40cmほどです。

ハトに番号を書いたプレートを一部取られてしまったので何番かわからないものもあるのですが、何番が一番いいとかではないような・・。

今年はうどんこ病はありません。春はやっぱり曇りの日が多いです。

※何番がいいのかを探った記事がありますのでよかったらこちらも見てください!→「さやえんどうを育てる」

★莢出現

DSCF12105.jpg(24517 byte)花が終わったら中から莢がにゅっと!出てきて、大きくなります。

そのうちにあちこちで花が咲くようになりました。それとハモグリバエがお絵かきを始めています。
DSCF12115.jpg(142856 byte) DSCF12117.jpg(140744 byte)

★収穫する

4月中旬です。あちこちで莢が大きくなってきています。
DSCF12129.jpg(161749 byte)
パッケージには7〜8cmで収穫とありましたが、半日陰なので6cmで収穫してみました。
DSCF12134.jpg(169766 byte)
今年は成功しました!わ〜い!
この辺から暖かくなってきて蒸れてきているので、根元の辺りの枯れている葉は取り除きました。うどんこ病はかからずにきています。

DSCF12272.jpg(52871 byte)

5月初め、なんだか1mくらいで伸びが止まりました。
そして中旬に次の花がもう咲かないかなと思いました。

ちなみに「もうちょっと大きく」と思って取り遅れると白っぽくぶよぶよになってましたから、やっぱり欲張らず早目のほうがいいことがわかりました(゚Д゚;。


と思っていたら、5月中旬に突然のうどんこ病で終了しました。ちょっと前から弱っていた?
DSCF12288.jpg(55763 byte)  DSCF12296.jpg(71972 byte)
掘ってみたら根粒付いてました。相変わらず根コブと見分けがつかないです(笑)↑

収穫できたのはちゃんと数えてませんが、全部で6株(×2〜3本)で全部で150個はあったかなあ。
畑でいっぱいぶら下がってるエンドウを見るとすごいな〜って思ってて到底あそこまではムリですが、十分楽しかったです〜!

  

★食べる

春サラダ〜*゜*(感´∀`激)*゜* DSCF12166.jpg(142355 byte)
さっと茹でるだけでOKでした!

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
うちのベランダで豆は出来にくいと思っているのですが、ちょっと小さめでも十分収穫できて満足しました。
種まき時期に気を付ければいいことがわかりました。
この次の年も育てましたが、育たなすぎて1cmで冬越しした苗は途中で枯れ、5cmで冬越しした苗は春に伸びるも力が足りずフラフラで春一番風で倒れ再起不能になりました。10cmくらいは必要かもです。

スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME