a1.jpg(27725 byte)

★青大豆を育てる

青大豆(豆科 一年草)  ■

豆を乾燥させても色が青いのが青大豆。普通の大豆より脂肪分が少なく、糖分が多いので甘くて美味しいのだそうです。

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆普通の大豆よりも病気にかかりやすく栽培が難しい。


栽培時期(関西)◆種まき→初夏? 収穫→秋?
連作◆
日当たり◆かなり必要だと思います。
暑さ寒さ◆暑い方が好き?
乾湿◆
発芽適温◆℃
生育適温◆℃
原産◆
丈◆1メートルくらい。
土◆
肥料◆
その他◆
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク

★入手する

大豆は今までに丹波黒、茶豆を育てましたが、いずれもいい結果は出ませんでした。


・・・・それでもまだやるのかと(#´Д`#)


いえいえ、今までのは種苗会社の種。今回はなんと地元の野菜直売所で買ってきた青大豆。
田舎の人が自分ちで蒔いて育てては種を採り、また蒔いて育てては種を採り・・している大豆。
今までとの決定的な違いは、F1ではなく固定種かもしれないということです。
あくまで予想ですけど。
ほとんど妄想ですけどね。
期待を込めてこれを蒔きますよ!


※追記:大豆はF1種は今の所はほぼないということを図書館で借りた種の本に書いてあったのを後で思い出しました。
あえなく妄想終わり。
でも青大豆って何色の花が咲くか楽しみなので続けて記録します!

丹波黒大豆の記録は→こちら
茶豆の記録は→こちら


★種をまく

ぽよ〜ん!
DSCF16450.jpg
5月上旬に蒔いて、5日ぐらいで発芽しました。
大豆の発芽は何度見ても見た目が面白いです。


>

★育てる

5月中旬、次の葉が開いたので定植しました。
蒔いた種、全部出てきたような感じです。
さすが豆だけあってぐんぐん伸びています。間引こうかな。

青い色素のせいでしょうか、茎が黒っぽいです。


ここでちょっと時間があったので青大豆について調べてわかったんですけど、病気にかかりやすく栽培が難しいとのこと。
うちでできるのかな〜?
それから検索して出てきた青大豆は若草色なのに、うちのは青色。
これも青大豆でいいの?
違っても青大豆ということにして続行しますけど。

(左)5月下旬。ちょっと伸びてきました。
DSCF16702.jpg  DSCF17066.jpg
(右)6月下旬。徒長してます。
一番伸びているもので80センチ。
そのまま放置後、より日の当たる位置に空きができたので移動しました。
わかりにくいですがど真ん中のがそうです。
鳩よけのネットを張っているのでネットの間から葉を外に出しました。
これで前より日が当たります。

7月上旬(左)、さらに外側へ伸びています。
鳩対策ネットで擦れて多少傷んでいますが、今まで育てた豆の中でも太陽に当たっている方だと思います。
DSCF17421.jpg  DSCF17494.jpg
7月中旬(右)、いったん下に垂れてまた上に持ち上がろうとしています。
そういえば大豆って前に育てた時もそんな感じでした。
葉の付け根にカメムシがくっついています。

8月上旬。 結構もさっとしてきました。
DSCF17765.jpg
鳩ネットを伝うかと思いましたが、でれ〜んとしたままです。 誘導してあげた方がよかったのかな。
でも突き出ていた方が太陽には当たるから、う〜ん。

DSCF17896.jpg

ところで相変わらずカメムシが茎にくっ付いています。
茎を揺らしたら何匹かはどこかへ行くのですが大半はそのままモゾモゾしています。
しかもところどころこのような卵らしきものがあります。

以前の私だったら苦手な虫は全駆除するんですが、最近は虫だって一生懸命生きていると思うとそっとしておくべきかと考えるようになりました。

調べたところこの細長い列が卵で、丸いのが幼虫かなと思います。
形ぐらいは覚えておこうと思います。


★開花

8月下旬、花が咲きました!
薄い紫色です!
DSCF17945.jpg
いくつも咲いています。ただめっちゃ小さいです(-_-;)
実はなるんでしょうか?
DSCF17946.jpg

・・・なりました。
ミクロサイズです。9月上旬です。
DSCF18048.jpg
このほかにいくつかさやが出来ています。
大きく写っていますが、1センチくらいで、ほぼ収穫して食べる大きさではありません。

ちょっと待ってても大きくならなかったので終わりにしました。
DSCF18076  DSCF18139.gif
小さいとは言えぷっくりしているのが気になってさやを剥いてみました。
ほぼ空っぽに近いです(笑)

  
★半日陰での育てやすさ
        ・・・
今までの大豆栽培の中で一番日に当たっていたと思うんですが、この青大豆が一番さやが小さいです。
なので情報通りかなり育てにくい品種だということが確認出来ました。

ただ、出来たさやの数は今までで一番多かったので、ネットの隙間から葉を外に伸ばしたのは正解だったと思います。ネットに掴まらずにぶら下がってましたけど(^-^;
枝豆を数個収穫できて食べるつもりでしたが残念でした。


スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME