a1.jpg(27725 byte)

★ゴーヤを育てる

DSCF1248_.jpg(44391 byte)
ゴーヤ(ウリ科 一年草)  Balsam pear

ニガウリ、レイシ。見ているとゴーヤは秋口まで長く葉が緑色を保っているので、他の野菜に比べて緑のカーテンに向いていると思いました。

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆ 充分暖かくなってから種をまいたり植えつけたりする。


栽培時期(関西)◆種まき→充分暖かくなってから。収穫→8月くらい
連作◆
日当たり◆
暑さ寒さ◆暑いほうが好き。
乾湿◆
発芽適温◆25〜30℃
生育適温◆20〜30℃
原産◆東インド、 熱帯アジア
丈◆2メートルくらい?
土◆
肥料◆窒素が多いとツルボケになって実が付きにくくなる。
その他◆雌雄異花。ゴーヤは他のウリ科と交雑しにくいので種が採りやすいそうです。
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク
DSCF19843.jpg(35908 byte)

★入手する

発芽に時間がかかります。
スーパーで売っているゴーヤの種を取っておいて使うと経済的ですが、イラッとくるかもしれないので苗を買うのでもOKだと思います。


★種をまく

殻のとがっている方を殻だけ爪切りで切って、少しの水につけて暖かい暗所に置くらしいのですが、普通にまいても待てば出てきました。
ダンナさんが種をまいたのでいつだったかわかりませんが、発芽したのは5月下旬です。
DSCF10119.jpg(38409 byte)  DSCF10116.jpg(32889 byte)
ある日ふと見たらぼそっと出ている感じでした。
可愛いです。

★育てる

DSCF10326.jpg(34210 byte)  DSCF10766.jpg(27616 byte)
どこに伸ばすか考えた末、ベランダの上半分の空間を利用して窓の前の部分に緑のカーテンを作ることにしました。
家にあった竹と麻ひもで作ってみました。
植えたのがハンギングの浅いプランターで土が少ないのですが、カーテンできるかな。
場所がここしか空いてなかったんです。

DSCF10945.jpg(88231 byte)もう一つ、大きめのプランターが空いたのでそこに植えました。
順調に蔓を伸ばしています。
7月中旬で少し遅いですが、花芽待ち。

しかし、この株は花は枯れて付きませんでした。
生長が止まったと思うころにほり上げてみると、根にこぶがいっぱいついていて病気みたいでした。残念です。

DSCF11084.jpg(21458 byte)

★開花

ハンギングプランターの方ですが、8月上旬に雌花だけが咲きました。
わかりにくいですが花の付け根にプクっとしたものがくっ付いています。違う日に雄花が咲きました。
なぜ違う日!!
ウリ科って受粉しにくいから実の中に種がいっぱい出来るのかもとひっそり思いました。


それから雄花ばかりだったのですがしばらくしたら連続で雌花が咲きだしました。
DSCF11194.jpg(72419 byte)
その時は雄花も咲いていたので取って受粉したんですが、力を入れすぎたかそのうちの一つが雌しべが折れてしまいました。
・・・折れるってあるんですね。
そんなに怪力だったかな。
それとも半日陰なので弱いのかも?
でも私が受粉する前に虫さんが受粉してくれていたら実が膨らむかも??

ぷぷ、違うのが膨らんできました!
DSCF1209.jpg(31435 byte)  DSCF1248.jpg(30526 byte)
膨らんできたのは私が確実に受粉できたと思った3つだけだったので、頻繁に訪れる蜂さんは当てにならないことがわかりました。
あと、しぼみかけの雌花に受粉したのがあったんですが、それはダメでした。

そのうちツルが伸びなくなって花も先まで咲ききりました。
DSCF11292.jpg(82105 byte)
そして実が大きくなるのが止まりました。10cmほどでしたが土が少なかったしこんなもんでしょう。

★収穫する

収穫しようと思った次の日、熟れすぎていきなり黄色くなってしまいました。9月中旬です。
DSCF1272.jpg(91196 byte)
種も赤かったです。熟したら種は赤くなるそうです。
(実は問題なく食べられるそうです)
DSCF1279.jpg(76778 byte)

もう一個!
DSCF11320.jpg(92775 byte)

  

★食べる

3つ実が出来ていたので、先に収穫したものは薄切りにして冷凍して3つ一緒にゴーヤチャンプルーにしました。
冷凍すると苦味が和らぎます。石垣島に旅行に行った時にお店の人がやってました。
DSCF11622.jpg(110931 byte)

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
小さいですがうちの半日陰ベランダで初めて出来たウリ科の実なのでうれしいです。
半分遊びで育てましたが、うちでもウリ科出来るんだ〜と思いました。
発芽したのが遅かったのでもっと早く出来ればもっと実がつくかもしれません。

それと、狭いプランターにゴーヤとモロヘイヤとピーマンを一緒に植えていたものがあって育たないかな〜と思っていたのが、なぜか3つともうまく育ったので何かの相性がよかったかも。

スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、微生物などを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME