a1.jpg(27725 byte)

★ボリジを育てる

DSCF9541.jpg(62232 byte)
ボリジ(ムラサキ科 1〜2年草)  Borage

花をワインに浮かべると青からピンクに変わる!というのに興味津々で育ててみました。花の青い色がすごくきれいです。葉はキュウリ味でした。

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆ 特になし。


栽培時期(関西)◆種まき→春か秋 収穫→初夏
日当たり◆日当たりのよいところ
暑さ寒さ◆耐寒性あり。暑さには弱い。
乾湿◆水分はかなり必要だと思います。
発芽適温◆20℃
生育適温◆15〜20℃
原産◆地中海沿岸
丈◆30cmくらいでした。ホームセンターので60センチくらいのを見たことがあります。
土◆
肥料◆
その他◆
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク

DSCF7171.jpg(26528 byte)

★入手する

いくつかまいてみたかったので種を買いました。思ったより大きな種です。


★種をまく

DSCF7325.jpg(44752 byte)9月下旬です。秋まきです。
わりと大きくなるので一か所3粒まきしました。

5日で全部発芽しました。コロっとしててかなりかわいい芽です。

DSCF7428.jpg(48515 byte)

★育てる

10月上旬です。
半分イチゴと混植するために植えかえました。
ボリジは直根なので植え替えは慎重に・・と思いましたが、案外全部大丈夫でした。

DSCF7626.jpg(28631 byte)  DSCF7973.jpg(33621 byte)
水分がなくなるとすぐしおれました。 邪魔な葉をバシバシ切っても全然大丈夫でした。
イチゴといっしょに植えてよく日が当たるところのものは大きくなっています。

DSCF8225.jpg(25708 byte)12月です。
意外と大きくなりました。入れ物が小さかったです。
土が少ないので水が足りないとすっごい真横に倒れて、水をやると真っ直ぐに戻りました。かなりの演技派です。

DSCF9274.jpg(43583 byte)

★冬

冬は葉が一部枯れました。
一番太く大きな株に花が咲きました。
かなり耐寒性があるみたいで外でも大丈夫で、しかも大きくなり過ぎてイチゴの防寒具になっていました。
あと、いつの間にか細かくて白っぽい毛が生えています。微妙に痛いんですけど寒さ対策でしょうか。

DSCF8805.jpg(32709 byte)このころ知ったんですが、ボリジの若芽はサラダに出来るようです。
育てていてこの葉に食欲がわいたことはありませんが、今食べてみます。
育ってしまって若くはないですが、今真ん中から生えてきたばっかりの新芽を食べてみると、キュウリ味です。無理です。
若いうちに食べるほうがいい。

右の写真は冬の開花。形がずんぐりです。


★開花

育てた環境によって開花時期はバラバラでした。2月〜5月。
DSCF9548.jpg(67028 byte)

ボリジって花の色がすごくきれいで見とれてしまいます。
DSCF9540.jpg(41717 byte)  DSCF9539.jpg(54785 byte)

DSCF9659.jpg(115887 byte)

写真はうまくとれていませんが、咲いた後のガクから茎にかけてのグラデーションがすごく美しいです。

★収穫する

結構育つので結構採れます。
DSCF9788.jpg(239273 byte)

  

★食べる

白ワインに入れると花がピンクになるとの情報があったので入れてみました。
DSCF8725.jpg(30344 byte)
・・・ピンクになりません。
もっと酸性じゃないとダメなの?
実家の母がボリジを入れて氷を作ったものはきれいでした。

DSCF9685.jpg(66730 byte)
ベランダの春コーナーです(ノ*´_●`)人(´●_`*)ノ 左からカモミール、イチゴ、ボリジです。

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
放置しても普通に育ちました。育てやすかったです。春に少しアブラムシが付きました。
こぼれ種で簡単に増えるようです。

スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME