a1.jpg(27725 byte)

★ミニトマトを育てる

DSCF6512_.jpg(69097 byte)
ミニトマト(ナス科 日本では一年草)  Tomato

家庭菜園の代表野菜。ビタミンCが多い。抗酸化作用も高かったと思います。体の熱を冷ます夏野菜独特の作用もあるようです。

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆ 種から育てる場合は防寒が必要。
生育には日照量が必要だと思います。
ジャガイモの近くに作らない方がいいと言われています(病気がうつるから)。
半日陰ベランダでは普通のトマトよりミニトマトのほうが育てやすいです。


栽培時期(関西)◆種まき→3月 植えつけ→5月 収穫→夏〜秋
連作◆ナス科の野菜を続けて植えないほうがいいです。
日当たり◆強い光を必要とします。
暑さ寒さ◆暑いのが好きだが25℃を越えるとよく育たない。夏のナス科の果菜の中では比較的低温にも耐えます。霜はダメ。
乾湿◆やや乾燥気味。
発芽適温◆24〜30℃
生育適温◆20〜25℃
原産◆南米アンデス地方
丈◆根は浅く横に広がり、わりと強い。
土◆アンデスは高冷地で昼夜の温度差が大きい。日照が多く雨が少なく乾燥している。トマトは特に石灰が好きな植物。砂質土でも作れるそうです。
日本の真夏の高温に弱い。地温が上がりすぎないようにマルチ。
肥料◆元肥重視。
コンパニオンプランツ◆バジル、ナスタチウム、ニラ。
その他◆好光性種子。
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク

★入手する

種を蒔いたり苗を植えたりしています。
DSCF9071.jpg(25202 byte)  DSCF5773.jpg(33569 byte)
種を蒔く場合。ミニトマトから取った種を蒔きます。種の周りについているゼリーは洗って取りました。乾かして保存してあった前年の種も使えます。

苗を買う場合。植えつけは5月ですが、植えつけ直前に買うより早めに苗を買って小さい苗ポットから大きめのに植え替えてビニールの中で保温する方が根が大きくなっていいのではないかと思います。

★種をまく

DSCF9147.jpg(34218 byte)DSCF9567.jpg(30816 byte)
3月にまいた種が2週間で発芽しました(寒すぎるので簡易ビニールシートで保温しています)。右は4月下旬です。

DSCF9672.jpg(47499 byte)

★植える

右画像は5月ですが、早めに買った苗を大きめのお菓子の袋とかに入れ替えてあったものです。30cmくらいになったのでさすがに植えかえました。買った時より根が大きくなったかもと思います。
DSCF9677.jpg(27609 byte)
これは実がが付いています。つぼみがついて咲くか咲かないかくらいを目安に定植しています。

種を蒔いた苗はまだまだ小さいのでもう少し後です。

トマトは接木苗が売られているくらいなので非常にデリケートな野菜だと思います。 特に根を傷めないように慎重に植えました。


DSCF0152.jpg(44809 byte)

★育てる

場所なんですが、25℃以上になるとよくないということなので、日光は当たるけど真上にプランターがあってある程度日よけになる位置に毎回置いています。

DSCF5862.jpg(71591 byte)
↑雨や水やりで泥が跳ねると弱るので(梅雨時の泥はね、地温上昇、乾燥なども)、土の表面にマルチを敷きました。
植えかえて泥はね防止対策として使用済みコーヒーフィルターを根元に3枚ずつ敷いた時の写真です(コーヒーかすも肥料になります)。 ワラなどでもいいですがコーヒーフィルターは便利です。

葉の間から出てきたわき芽は、摘み取る、そのままにする、の二通りあり両方やってみましたが、そんなに大差はないような気がするので自然のまま摘まないことにしています。

★開花

トマトはすぐ花が咲きます。売ってる苗の時点で花が咲いているものも(実が付いてる場合も)あります。
トマトは葉ばかり成長しようとする傾向があるらしいので、一番花にちゃんと実がつけば葉の成長と実付きのバランスが安定するそうです。
↓5月、小さな黄色い花が咲きました。
DSCF5933.jpg(30841 byte)  DSCF6134.jpg(34024 byte)
花のあとに実が付いてきます。

肥料は育成期から実をつけるまででがんばってるな〜と思う時に随時あげています。 石灰も時々あげます。

うちのダンナさんが言うには、
「肥料は前半。前半の生育が大事で早いうちに葉を大きく。次に有機石灰と少量のマグネシウム。ある程度肥料をあげたら後半はいらない。前半が重要。」
だそうです。

トマトは根が浅いので乾燥に弱い→でも水やりしすぎると土が痛み悪い菌が発生。
ということなので、植えてしばらくしてから少しずつ下の方の葉を摘む→そして傷口がふさがったくらいに土を足していく→新しく根が生えてきてしっかりする。という方法もあります。
根が多いほうがよいと思います。

さらにうちのダンナさんは水やりについて、
「プランターの真ん中ではなく周りに水をかける。 水のあげ方が大事。 あとは霧吹きでかける。 空気中の水分を茎の産毛で吸収するので茎に産毛が生えている方が甘くて美味しいのができる。 じんわりじっくり熟すのはみずみずしくて香りが強くて美味しい。 肥料をあげるだけではただ甘くなるだけ。」
なのだそうです。

★梅雨

梅雨時期になると、病気にかかりやすくなります。畑では雨よけが必要だと思いますが、ベランダでは屋根が少しあるので雨よけはしていません。
梅雨や台風の後など湿気が多い時に蒸れて下葉が枯れてくるときは取っています。

花芽が7段目くらいで上を摘芯(生長より実を充実させるため)した時もあるし、摘芯しなかった時もありますが、株の状態を見てどちらでもいいと思います。
うちはだいたいそのまま派です。

★収穫する

うちは6月中旬くらいから採れます!
DSCF6512.jpg(32010 byte)  DSCF6511.jpg(32339 byte)
DSCF6432.jpg(34603 byte)  DSCF6518.jpg(33611 byte)
DSCF6337.jpg(34064 byte)  DSCF6517.jpg(31265 byte)
↑トスカーナバイオレット                                ↑シシリアンルージュ
DSCF10652.jpg(32196 byte)
↑レッドペア
DSCF6514_2.jpg(112499 byte)
DSCF6453.jpg(65475 byte)
下枝から上へ順番に実が付きました。
熟しているのは、つまんで取れます。軽くひねって取れないものはそのままにしています。
収穫が終わった下の方の枝は枯れてきたので栄養を上に登らせるために取り除きました。

毎年8月上旬で終わりです。
これって、「もうクーラーつけないと無理」っていう時期なので、トマトも暑いのダメなのかなって思ってしまいます。

★増やす

●種を取る
熟してる実の種を取ってみました。
DSCF6883.jpg(24472 byte)  DSCF6884.jpg(22914 byte)
種は細かいので茶こしで洗ってゼリーの部分を取って乾かしてます。
日付を書いて来年まで保存します。紙に包んで常温保存できました。

DSCF6046.jpg(36980 byte)●わき芽を植える
摘み取ったわき芽は挿し木すれば一つの苗になります。
いつの間にか伸びてしまったわき芽を見つけたら植えるといいと思います。

水を張ったコップに挿して世話して発根させてもいいですが、適当に土に挿して適当に水をあげたら普通に根付きました。
途中水が吸えなくてペタンとなったりしますがたぶん過酷な条件の方が強くなるのではないかと思いました。


●実を埋める
こぼれ種から自然に発芽をイメージして採れたトマトを8月すぐに土に埋めてみました。
DSCF11124.jpg(27412 byte)  DSCF1276.jpg(42270 byte)
春に芽が出てきたらいいなと思ったんですが、すぐ9月にめっちゃ発芽しました。秋も適温だしそうなりますよね。う〜ん。。
自然のトマトはどうやって命を繋ぐのだろうと思い、間引いて育ててみました。もしくは日本で合わないだけでアンデスではこれでいいのかも。そもそも外国では多年草かも・・・

・・と考えているうちになくなってしまいました。やっぱり寒いとダメなのですね。
(追記:植物は1か所にいっぱい芽が出た時は自然に間引かれて適量の株が育つらしいです。)

では7月に種をまいたらどうなのか!ってやってみました。こちら→ミニトマト(秋)を育てる 6月ならどうなの!も見てください!→ミニトマト(秋2)を育てる
浅植えもしてみました!→ミニトマト(浅植え)を育てる

★病害虫

開花時にカルシウム(石灰)が不足すると尻腐病になります。
コナガがいたことがあります。調子が悪いとアブラムシがつくことがありました。
でも病害虫はうちではほとんどありません。

コンパニオンプランツとしてナスタチウム、ミント、バジル、ネギなどを周りに一緒に植えている時もあります。土の様子がおかしいと周りのプランツが先に反応して葉が黄変したりするのでわかりやすいです。

  

★食べる

トマトは楽しいので家庭菜園ではとにかくおススメです!
↓↓自家製夏野菜ピザ★'v`★)
DSCF6751.jpg(149252 byte)
↓↓蜂蜜コンポート! おやつに!

↓↓収穫最後の方で固くなってきたらじんわり加熱するととても美味しいです。
DSCF17818.jpg
旨味も栄養も生より増えるそうです。
これは鶏もも肉と空芯菜と一緒に炒めました。時期的にも夏バテ気味の体にちょうどいいです!

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
半日陰ベランダで一本につき30〜170個採れました。
よく食べるので何本植えてもいいと思います。

実の品質にこだわれば栽培は難しいと思いますが、半日陰でもとりあえず実はなります。半日陰でもナス科は大丈夫です。
甘い、やわらかいなどは腕次第です(-ェ-;U
売っている野菜に比べて家庭菜園では完熟させてから収穫することができるので、よ〜く熟してから採ったら絶対おいしいです!!

半日陰だからか、いつ植えても毎年8月上旬で終わりなので、早く植えて早く大きく育てる方がいっぱい採れると思います。
太陽がもっと当たればもっと長い間収穫できるのかも。


スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME