a1.jpg(27725 byte)

★トマトベリー(F2)を育てる

DSCF19558-.jpg
トマトベリー(ナス科 1年草?)  tomatoberry

イチゴのようなかわいいハート型をした直径約三センチのミニトマト。これまでのトマトに比べ糖度が高く甘い。栄養価も高いそうです。

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆午前中に日が当たる場所で育てるのがいいそうです。


栽培時期(関西)◆種まき→春 収穫→7月?
連作◆?
日当たり◆午前中に日の当たる軒下。
暑さ寒さ◆暑い方が好き。
乾湿◆トマトは乾燥に強いので水はやりすぎない。
発芽適温◆℃
生育適温◆℃
原産◆
丈◆1mくらいでした。
土◆普通?
肥料◆普通?
その他◆自然着果できる。
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク

★入手する

去年奈良のアンテナショップで野菜売り場に売っていてとても美味しかった「トマトベリー」なるミニトマト。
見たことのない可愛らしいハート型で、シルクのような食べ応えでした。
しかし難が一つ、やはり売り場に並ぶ果実は完熟じゃない物が多く、売りの甘さがあまり感じられなかったのです。
それでも美味しかったので、ぜひ完熟を食べてみたくてその時種を採りました。
私の行動範囲では苗を売っているところもないと思ったので。
(あ、種を採ったのは私の無条件反射です)
というわけでトマトベリーの子供「F2」で収穫量も少ないし同じものができるとは限りませんが、似たような物が実ることを期待しつつ育ててみます!

トマトベリーの公式サイトは→こちら


DSCF18996.jpg

★種をまく

種を蒔いてから1週間で発芽しました。4月上旬です。
ヒョロヒョロですがいっぱい出てきたので、発芽から少し経ってから早めに1本ずつポットに植え替えました。


DSCF19191.jpg

★育てる

4月下旬。
ずっとビニールをかぶせて育ててます。こんな丸い可愛い葉っぱ。
ちょっと育ってきたので定植しました。

よく調べてみると、「午前中にじゅうぶん日のあたる場所に置くようにします。」とサイトに書かれていました。
が〜ん。
うちのベランダは午後からしか当たらないのでまとも育てるのは無理かもしれませんが、ちょっとぐらいできると思うのでできるだけやってみます。


(左)5月上旬。ちょっと育ちましたが、細くてか弱い感じです。
葉は普通のトマトより丸いかな。
DSCF19262.jpg  DSCF19270.jpg
(右)5月中旬、蕾がつきました!丈は40センチ、まだヒョロいです。

買った苗のトマトよりも頼りないのですが、ダンナさんが余っていた油カスみたいなものをまいてくれたらしくちょっとしっかりしてきました。
DSCF19359.jpg  DSCF19365.jpg
(左)わかりにくいですけど主枝が伸びています。丈60センチです。
(右)主枝と側枝が一緒に伸びてます。こっちは40センチ、2枝伸びてる分短いのかも。
同じ品種でも育ち方違うんですね。

★開花

5月下旬、花が咲きました。
DSCF19379.jpg
↓実に割れ目が入ってる!
トマトベリーっぽいです!
DSCF19402.jpg
これは満開の状態の時のです。
まるで百合のような花びらですが、これでいいのかな?
DSCF19469.jpg

★収穫する

出来ました!7月上旬です。
DSCF19530.jpg
ベリーというよりはチェリーっぽいです。
予定通り思う存分の完熟仕様で収穫。
DSCF19545.jpg
大きくなるにつれてぽっちゃりして縦スジは目立たなくなりました。
去年食べたもののようなハート形にはならなかったですけど、F2なのでこれでも十分です。

これは下の方の房で実付きはいい方なのですが、それでも1つなかったり。
DSCF19540.jpg
茎の上の方になるにつれて1房で2〜3個とか。
↓ヒョロッとしてるでしょ。
DSCF19553.jpg
収穫と同時に下葉が枯れ始めています。

7月中旬に、いきなり枯れてきました。
そういえばたまに行く野菜直売処のおばちゃんが「今年は野菜が終わるのが早い」と言ってましたが、それにしても他のトマトよりちょっと早くに終わったかな。

  

★食べる

まずそのままで1口!
・・・おお美味しい!!
元祖トマトベリーより少し皮は固めだけど、酸味が少なくまろやかな食感が引き継がれています!
ただ期待した完熟の甘さは去年と同じでした。

↓↓ポテサラにのっけました。
ダンナさんがポテサラ好きなんです。今回はわさびにんにく味!
DSCF19615.jpg
こうして見ると普通に丸いな〜(-ε- ?)

↓こっちはタイのガイヤーンという鶏料理。
ソースを買ってきて作りました。
自作のいちじく酵素ジュースと混ぜて漬け込んで焼きました。
DSCF19640.jpg
魚醤の味付けで、+ハーブが効いててフルーティで美味しいです。
生野菜を添えて食べるのがタイ式だそうなので、トマトを切って乗せたけどやっぱり丸いな〜(-ε- ?)

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
草勢的にはヒョロヒョロで収量は悪かったと思います。それでか後半早く固くなってしまった気が・・。
1株だけしっかりして葉がグッと張ったのがあったんですけど、それはさらに実がつきにくいみたいでした。
やはり葉が育つと実は少ないです。
でも収穫の前半で採れた実は美味しかったです!

あとF2はハート型にならなかったことですね。
やっぱり苗がいいか。

スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME