a1.jpg(27725 byte)

★茶豆(秋)を育てる

DSCF12932_.jpg(97479 byte)
茶豆(マメ科 一年草)  ■

後で知ったことですが、大豆は遺伝子組み換え品種の普及が予想される作物の1つらしいので、ぜひ固定種を育てて種を採りたいです。

★調べたこと+自分用メモ

ポイント◆ ?


栽培時期(関西)◆種まき→4月中旬〜7月上旬 収穫→開花後40日
連作◆障害は出やすい。
日当たり◆豆は日当たりは必要だと思います。
暑さ寒さ◆真夏は苦手。冷涼な気候が好き。昼夜の温度差が大きいところほどおいしくなる。
乾湿◆過湿にも乾燥にも弱い。
発芽適温◆℃
生育適温◆℃
原産◆
丈◆
土◆
肥料◆
その他◆大豆は基本的に収穫は秋で、飢饉対策にもってこいの強い野菜。大豆は好光性種子。
      (参考:パッケージの説明、読んだ本、インターネット、私の体験など)

スポンサードリンク
DSCF12685.jpg(37236 byte)

★入手する

夏に収穫する大豆の栽培に失敗したのでしばらく大豆栽培は控えていたのですが、「やさい畑」という雑誌に夏蒔き秋採りも出来ると書いてありやってみることにしました。
秋はどうなのうちのベランダは!
そう、我が家でもどうしても枝豆を食べたいのです!
(以前の大豆栽培はこちら→丹波黒大豆を育てる)
前から気になっていた芳ばしそうな茶豆でパッケージの栽培期間をよく見て7月中旬まで蒔ける種を買ってきました。
アタリヤの「房なり茶豆」です。

種の保存はいつもうちでは常温なのですが、豆は夏に劣化しやすいそうなのでちょっとビビって余った種は冷蔵庫に入れることにしました。


DSCF12714.jpg(58803 byte)

★種をまく

7月中旬です。
春まきとは違い発芽しにくいそうなので少し多めに蒔きました。
3日で発芽しましたが、発芽率は60%くらいしかなかったので、追加で少し蒔きました。
それから枯れてしまったのもあって、結局16粒ほどまいてちょっと大きくなったのは6つでした。
まあまあ発芽しにくかったです。


DSCF12795.jpg(62322 byte)

★育てる

8月上旬、植えるところがなかったので(汗)、弱ってるナスの横と生育の悪いパプリカの横に一緒に植えました。
豆自体が少しヒョロっとしているのが気になります。
やっぱり夏によく収穫できるようになってる種なのかな。

それからやっぱり日の当たる外側に強引にツルを伸ばし始めました。
以前育てた時もそうだったけど、これって大豆の特性ですよね。


(左)お盆中です。よく見たらいきなり実が付いていました。ヒョロヒョロなのに。なんでやねん。
DSCF12852.jpg(47617 byte)  DSCF12853.jpg(49346 byte)
(右)まだ20cmしかない株にも実が付いていました。
マメ科の花はやっぱりわかりにくくて花が咲いたのは見逃していました。
ああああ〜、急展開です。失敗の予感。

調べたら大豆は短日条件で花芽分化するそうで、、。
7月中旬まで蒔けると書いてあるのにこれはどういうこと?
種の生産地が北海道というところがミソか?
半日陰ベランダじゃやっぱり無理か?
大豆は飢饉の時にでも植えられる強い野菜ということらしいのですが、飢饉時も日光が当たってることが条件なの?
ハテナだらけですが、面白いのでこのまま続行してみます。

・・面白いというか、たぶんこれで枯れて終わりですよね。
あれから全然育ってません。
DSCF12866.jpg(56686 byte)
窒素固定はちゃんとやっているのかな?それだけが取り柄のこの子。どない?

はい・・9月中旬ですが、1株枯れていたので収穫することにしました。
DSCF12932.jpg(134527 byte)
豆は少し膨らんでいると思います。
開花後40日で収穫だから、ちょうど今でいいと思います。
DSCF12935.jpg(99697 byte)
極小サイズ11個+枯。 枯れたのは割ってみたら固い豆が入っていました。
これはまけば発芽するでしょう(笑)
DSCF12936.jpg(37475 byte)

DSCF12960.jpg(72802 byte)

おまけ。
上のをサラダ菜コーナーにまいたら発芽しました。
かわいいでしょ(*゚艸゚)=3 窒素固定してね!


  

★食べる

茹でて取り出した中の豆は緑色でした。まだだった?
DSCF12941.jpg(110321 byte)
でも芳ばしくておいしかったです!ダンナさんが「ビール飲もうかな」って言ったので、少しは育てた甲斐があったかな〜。

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
ええ出来ないのはわかってましたよ(-д-lll)。
でも収獲量は夏蒔きと同じくらいだったので、もしやうちではこれがMAX?

スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、微生物などを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME