a1.jpg(27725 byte)

★パプリカ(パープル)を育てる

パプリカ(ナス科 1年草)  Paprika

野菜の中でも色素が濃い紫の品種や、逆に色素が薄い白の品種は半日陰では育てにくいとうちのダンナさんが言うので記録してみようと思います。
紫といってもナスのように元々天然の紫色の野菜ではなくて、作られた紫の品種です。
普通のパプリカの栽培記録は→こちら

★入手する

ということで紫の品種買ってきました。
去年野菜直売所で買った国産のパプリカの種を取っておいて春先に蒔いたものが発芽しそうにないのでちょうどよかったです。4月中旬。

晩がまだ寒いかなと思うので定植してからビニールで囲いました。


スポンサードリンク

★育てる

5月上旬です。

一緒に買ってきたミニトマトが50cmになってますが、パプリカはまだこんなもんです。
トマトと比較したことはなかったので。


★開花

5月中旬です。
一番花が咲きました。蕾がついてから咲くまでちょっと日にちがかかっているような気がするし、咲いてる姿も弱々しく見えます。
DSCF16491.jpg  DSCF16501.jpg
今、丈は35センチです。暑い日もありますが涼しい夜はちょっとビニールで囲うことにします。

DSCF16705.jpg

5月下旬、弱々しいと思っていたらなんだか一番花の上にいくつも花がついて、茎も太く立派になってきました。
・・ダンナさんがこっそり手を入れているようです。
いつから何してるのか「俺が育てている苗」だそうです。


それから一番花が黄色く枯れてしまって、それと同時にその上に花が2つ咲きました。
パプリカの一番花って枯れた記憶がないのでちょっと心配だけど、次の花に期待!

ところでダンナさんが何をしたかというと、自作の液肥を2回ほど与えて、貝殻石灰と有機マグネシウムを少しまいたそうです。
DSCF16839.jpg
さらに数日後、花が次々咲き出して、実がなり始めています。
今度はなりすぎが少し心配。

小さいうちからパープルに変色。
これ3つとも大きくしてもいいのかな?
DSCF16873.jpg
5つなっています。パープルきれい!!
DSCF16991.jpg
5つもならせてなんとなく採っていません。
株が丈夫になってきているみたいだし、パプリカは完熟に時間がかかるのでもう少し。

★収穫する

6月下旬。一番大きいのを収穫しました!
しっかりしたものが出来ています。
ブラックベリーで囲って写してみましたが、こうするとフルーツみたいですね。
DSCF17110.jpg
裏を向けると・・尻腐れ。
実が接触していたからでしょうか。
ちょっと無理させているかもしれません。
DSCF17062.jpg

7月下旬。第二陣を収穫しましたが、裏を向けるとまた傷んでいます。
DSCF17493.jpg  DSCF17608.jpg
石灰は普通にあげていると思うのですが、あと何が原因なのか。
今育てているピーマン系の中でパプリカだけ全体的に葉が虫に食べられていますが、これも原因の一つでしょうか?
DSCF17585.jpg

DSCF18173.jpg
いつの間にか下の方の茎が緑色から木のように変わってきています。
ピーマンに比べて断然太く、実もごつくなります。→

↓夏の一番暑いあたりはちょっと休憩して、暑さが引いてきたあたりから少しずつ花が咲き、9月上旬に実がつきました。
DSCF18070.jpg
今度はどの実も傷んでません。
パプリカって完熟させる野菜なので実がなってからどれくらいで収穫したらいいのかいつも迷うんです。
9月下旬にそんなに大きくないんだけど紫を通り越していきなり赤くなったのが1つあって、もうそろそろ収穫してもいいのかなと思ったりしました。
(あれ、赤くなるってことは、紫色って完熟の色じゃないのかな?)

昼間はまだ暑い日もありますが、もう秋ですね。
DSCF18216.jpg

最低温度が10度を切るようになって「寒っ」って思うくらいになった10月下旬に、布団を買った時についていたビニールカバーに入るように剪定して冬越しの準備をしました。
DSCF18410.jpg
赤くなった実から種取りもしました。
また会おうね!

  

★食べる

紫パプリカの料理研究〜!!
なんとかこのきれいな紫色を料理に生かしたくてやってみました。
この調べてみたらこの紫色は天然色素アントシアニンだそうで、熱に弱く、水に溶けるらしいです。
・・料理する前にこの条件がもうあかんやん。
なので加熱するとこのように緑色になりました。
DSCF17118.jpg
皮を焦がしてむいてオリーブオイルにつけると美味しいので度々作るのですが、紫色が活かせなくて残念です。
いかにもナスみたいです。ナス科だから当然ですけど。

それではさ〜っと揚げてみたらどうか!?
ナスは揚げて色止めしたりするでしょ。あれみたいに。
って思ってイワシの南蛮漬けを作ってついでに素揚げしてみましたが、おもいっきり失敗!
緑色ならまだいいけど、あろうことかほぼグレーでした。
南蛮漬けが美味しかったことが唯一の救いです。

ということで紫色で食べるには生食しかないという結果になりました。
(あ、てんぷらうまかったです!)

★半日陰での育てやすさ
        ・・・
最初に知りたかった課題(紫色の野菜は作りにくいか)ですが、特にパープルだからといって普通の赤いパプリカとは違わないかなというのが感想です。
トマトの紫色は作りにくかったので、なんかいろいろだなと思いました。

スポンサードリンク
こちらの記事もどうぞ(゚Д゚c)ノ
  
welcome
こんにちは!
「906!!」は半日陰ベランダで野菜を育てて、結果に一喜一憂しながら実りを美味しくいただくページです。

太陽が12時〜15時(+西日)しか当たらないので多くの収穫は望めませんが、それぞれの野菜にどれだけ光が必要なのかを観察して3段階評価をつけています。
日照不足を少しでも補うためにミミズコンポスト、EMなどを取り入れています。
虫が苦手ですがなんとか無農薬栽培し、最近では肥料も減らし気味です。

野菜栽培のことを勉強しているうちに、いろんな植物の根も、雑草も、ミミズもダンゴムシも、益虫も害虫も、善玉菌も悪玉菌も、いっぱいいてバランスが取れている環境を作ることができたら、もしかして日が足りなくてもエネルギッシュな野菜ができるんじゃないかと思い、そういうにぎやかなベランダ菜園を目指しています。

半日陰ならではの失敗や反省などはずかしい内容満載ですが、半日陰でも野菜作りをこんなに楽しめる!ということをシェアできればと思います。
よかったら見ていってください!

906 gardener
半日陰ベランダ906!!
スポンサードリンク
906ベランダ日照状態
育てた野菜リスト
小豆
アピオス
アボカド
アーモンド
インゲン豆(秋採り)
インゲン豆(梅雨採り)
紫花豆
イチゴ
エゴマ
スナップエンドウ
さやえんどう
オクラ
オカワカメ
オレガノ

カイラン
カボチャ
カリフラワー
キクイモ
キドニービーン
キャベツ
紫キャベツ
芽キャベツ
キュウリ
ミニキュウリ
空心菜
クコ
クランベリー
クリーピングタイム
ケープグーズベリー
原木しいたけ
小カブ
日野菜かぶ
子宝菜
コーヒーの木
ごぼう
ゴマ
小松菜
ゴーヤ
コリアンダー
コールラビ

サクランボ
サツマイモ
サトイモ
サニーレタス
サラダ水菜
山椒
シソ
ジャガイモ
ジャーマンカモミール
春菊
ショウガ
食用ほおずき
スイスチャード
スイートマジョラム
スターフルーツ
スティックカリフラワー
ステビア
スプラウト
スムージーケール
スモモ
セリ
セロリ
スープセルリー
ソラマメ

ミニ大根
玉ねぎ
タラの芽
青大豆
丹波黒大豆
茶豆(秋)
チアシード
チコリ
チャイブ
チャービル
チェリモヤ
ミニチンゲンサイ
ツルムラサキ
トウガラシ
甘トウガラシ
ひもとうがらし
紫とうがらし
トウモロコシ
ミニトマト
ミニトマト(秋)
ミニトマト(秋2)
ミニトマト(浅植え)
ミニトマト(パープル)
カゴメトマト凛々子
中玉トマト
トマトベリー
ドラゴンフルーツ

ナス
白ナス
水なす
菜の花
ニラ
ニンジン
ニンニク
ニンニクの芽
ネギ
ネギニラ
ノビル


ハイビスカスローゼル
白菜
ミニ白菜
バジル
パセリ
パッションフルーツ
バナナメロン?
パパイヤ
パプリカ
パプリカ(パープル)
春の七草
ビーツ キオッジャ
ピーマン
こどもピーマン
こどもピーマンのこども
でかピーマン
バナナピーマン
ヒユナ
ひよこ豆
ビルベリー
ブラックベリー
フレンチタラゴン
茎ブロッコリー
ロマネスコブロッコリー
フローレンスフェンネル
ペピーノ
ホウレンソウ
ポポー
ボリジ

マスタードシード
マルベリー
水なす
ミニズッキーニ
ミツバ
ミント
ムスクラン
モロヘイヤ

ヤーコン
大和真菜
ヤマノイモ
ヨモギ

ラズベリー
落花生
ラディッシュ
ルッコラ
レタス
レモン
レモングラス
レモンバーム
レンズ豆
ローズゼラニウム
ローズマリー

ワイルドストロベリー
ワケギ
西洋ワサビ
畑ワサビ

EMを使う
アブラムシ防除とテントウムシ
シマミミズを飼う
シマミミズの「楽園」プランター
剪定くずで堆肥を作る
生ゴミで堆肥を作る
うちのベランダ鳩対策
906ベランダについて

▶ HOME